Daily Archives: 2012年8月24日

301リダイレクトを利用したSEOに効果的なドメイン移転方法

この記事を読むのに必要な時間:01分32秒

今日は、ドメインのおすすめの移転方法についてお話しします。

ドメインを変えたいときは要注意
お店の名前が変わったり、 「.com」 を 「.jp」 に変えたい、または、ドメインは変えたいけれど、また一からSEO対策をしなければいけないのはちょっと… など、サイトのコンテンツ(内容)は同じだけど、別のドメインに変更したい… こんなこともあるかと思います。

ドメインを変えるということはかなりリスキーです。
今までコツコツと貯めてきたリンクというお金を一気にドブに捨てるようなことになりかねません。


ではどうすれば良いのか…

Google、Yahoo!の検索エンジンが推奨する方法
これは、「301 リダイレクト(サンマルイチ・リダイレクト)」と言う方法によって転送させることができるのです。
もちろん、前のドメインが持っていたパワーも引き継がれます。

GoogleもYahoo!もドメイン移転は、この「301リダイレクト」を推奨しています。
※しかし、Googleにおいては301リダイレクトにより、PageRankがいくらか失われることがあるそうですが、ドメインの移転には301リダイレクトの他に最善の方法がないのが現状です。

では、実際にその具体的な方法です。
この「301リダイレクト」、方法はいくつかあるのですが、一番ポピュラーな方法を説明します。

htaccessを使った一般的な方法
それには、『.htaccess(エイチティーアクセス)』 というファイルが必要になります。
なんだか難しそうに感じるかもしれませんが心配ないです。とても簡単にできますから。

まず、メモ帳などのテキストエディターを開きます。
そこに、

ドメイン全体を転送させる方法
http://www.old.com


http://www.new.com へリダイレクトさせたい場合

--ここから--
RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^www.old.com
RewriteRule ^(.*) http://www.new.com/$1 [R=301,L]
--ここまで--

と記述します。

http://www.old.com/ にアクセスすると
http://www.new.com/ が表示されます。

特定のページだけを転送させる方法
http://www.old.com/old/superold.html


http://www.new.com へリダイレクトさせたい場合

--ここから--
redirect 301 /old/superold.html http://www.new.com
--ここまで--

と記述します。

メモ帳に記述したらこのファイルを .(ドット)htaccess で保存します。
ただ、.(ドット)の前になにかしらの文字を入れないと保存ができませんので、ここでは「x.htaccess」で保存します。(「x」の部分はaでもzでもなんでもOKです。)

テキストエディタでhtaccessを作成する手順
そしてこのファイルを移行前のルートディレクトリ(一番上の階層)にアップロードします。
アップロード後に、FTP上でファイル名を名前の変更で「x.htaccess」から「x」を削除し「.htaccess」へと変更します。

FTP上でhtaccessのファイル名を変更する手順

設定後は必ず目視で要確認
あとは、正しくリダイレクトができているか目視で確認して終了です。

ちなみに、新しいドメインのディレクトリ構造は、古いドメインのサイトと同じにしておかないと、きちんと転送されない可能性があります。

ドメインを変更する際は利用してみてください。

※301リダイレクトは、悪しき被リンクのペナルティも新しいドメインに引き継ぎます。
ですので、Googleウェブマスターツールから被リンクに関するペナルティの通知があった場合、今回の方法は適していません。

今日のまとめ
ドメインの引越しは、.heaccessを利用した301リダイレクトでの方法が検索エンジンから推奨されています。


今回は、以上です。
ありがとうございました!


そういえば、マイケル・J・フォックスさんがドラマで復活するみたいですね。バック・トゥ・ザ・フューチャー、大好きです。


Posted in SEO, リダイレクト関係, 外部対策SEO | Tagged | 10 Comments