Daily Archives: 2013年7月5日

Googleの著者情報をWordPress(ワードプレス)で表示させる方法

この記事を読むのに必要な時間:01分02秒

最近、よく見かける著者情報ですが、Web関係以外のジャンルのサイトでは、まだまだ浸透していないようです。


著者情報は、検索結果での占有率が上がり、とにかく目立ちますので是非お試しください。
※ただ、現状は、個人のアカウントしか表示させることができないため、ECサイトなどはもしかしたら逆効果に働く可能性もあるかもしれません。

設定方法は以前にお話ししましたが、WordPress(ワードプレス)での方法が書いてなかったのでご紹介します。

方法はいくつかありますが、その中でも特に簡単なものをご説明します。

▼WordPress(ワードプレス)以外の方や著者情報ってなに?という方はこちらへ
Googleの検索結果画面に著者情報を表示させる方法 >>

プラグイン All In One SEO Packで設定
All In One SEO Packとは、多くのワードプレスユーザーが使っているSEO用プラグインのことで、タイトルタグメタディスクリプションの設定、Googleアナリティクスの設定など、SEOを総合的に管理できます。

まずは、ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)から「プラグイン」→「新規追加」に進み、「All in One SEO Pack」と検索し、インストール、有効化させます。

All in One SEO Packの設定画面に行き、「General Settings」の中の「Google Settings」→「Google Plus Default Profile」欄に著者情報を表示させたいGoogle+のURLを入力します。

All in One SEO Packを利用してWordPress(ワードプレス)でGoogle著者情報を出す手順 その1
All in One SEO Packを利用してWordPress(ワードプレス)でGoogle著者情報を出す手順 その2

ページの上部と下部に置かれている「設定を更新」ボタンを押して保存するのを忘れずに。

Google+側の設定
Google+側の設定については、こちらをご確認ください。
著者情報を表示させる方法 その1 Google+側の設定 >>

設定に誤りがないか確認するツール
設定後、構造化データ テスト ツールを使用して、Googleが著者情報を抽出できるか確認しましょう。

▶構造化データ テスト ツール
▶構造化データ テスト ツールの使い方

これで設定は終了です。

とても簡単ですので、是非お試しを!


今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google, SEO, WordPress(ワードプレス) | Tagged , , | 2 Comments