Monthly Archives: 10月 2013

Googleアドワーズでアフィリエイトサイトの審査を通過させる方法

この記事を読むのに必要な時間:01分32秒

アフィリエイトサイトでリスティング広告を出す場合、いくつかの注意点があります。

その中でも大きなポイントとなるのが、Googleアドワーズでは、基本的にアフィリエイトサイトの広告を出すことができないという点です。

でも、誤解しないでください。
GoogleはアフィリエイトサイトすべてをNGとしているわけではなく、ブリッジページと呼ばれるものをNGとしていることです。

実際にGoogleの方も、「アフィリエイトサイトがダメなわけではありません。」と仰ってました。

ブリッジページとは…
コンテンツに独自性がなくアクセスしたユーザーを別のサイトへ誘導することを主な目的としたウェブページのこと。


アフィリエイトサイトは、基本的に以下のような仕組みになっています。

アフィリエイトの仕組み
つまり、Googleに言わせると、「商品Aを紹介して公式サイトに誘導するサイト」ってただ単にアクセスを右から左に流しているだけのブリッジページだから必要ないよね?ユーザーが直接「商品Aの公式サイト」を見た方が早いよね??じゃあ広告は出しちゃダメです。ということなのです。Googleは、ユーザーにとって有益でないサイトを検索結果に出したくないんですね。

ブリッジページを回避するには
では、どうすればGoogleアドワーズでアフィリサイトの広告を出せるのでしょうか?

Googleのヘルプページには、このように記載されています。

Googleのヘルプページに掲載しているブリッジページについての説明


つまり、レビュー、比較チャート、段階別評価、並べ替えやフィルタなどの独自コンテンツを用意する必要があるのです。

Googleアドワーズでアフィリサイトサイトの広告を出すには
こう見ると、Googleアドワーズでアフィリサイトの広告を出すには、とてもハードルが高いように感じるかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はなく、例えば、その商品を実際に体験して、そのコンテンツを載せるとかでも立派な独自コンテンツとなります。

実際に、当社でもこの方法でGoogleアドワーズでアフィリサイトの広告を出せていますので、審査が通らないとお悩みの方は、一度サイトのコンテンツを見直してみてください。

もしくは、比較的アフィリエイトサイトの広告が出しやすいYahoo!プロモーション広告で試してみるのもいいかもしれません。

Yahoo!プロモーション広告でアフィリサイトの広告を出す方法は、あらためてお話ししたいと思います。


それでは、今日は以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Googleアドワーズ, リスティング広告(PPC広告) | Tagged , | 1 Comment

GoogleクロームでGoogle検索結果に順位を表示する方法

この記事を読むのに必要な時間:00分55秒

通常、検索結果には、1位、2位… など順位を表す番号は表示されません。

Googleで「ハイスタ」と検索した結果

番号が表示されると、パッと見で順位が把握できて結構便利なんです。

でも… 僕が愛用するブラウザ、GoogleクロームでGoogleの検索結果に番号を表示させるツールがなかなか見つかりませんでした。

ですので今日は、やっと見つけたこの方法をご紹介します。

一見、難しそうに見えるかもしれませんが、手順通りに進めばすぐに終わりますよ。

アドオンStylishをインストール
まずは、Googleクロームのアドオン・Stylishをインストールします。
Googleクロームのアドオン・Stylish >>

GoogleChromeのアドオン・Stylishをインストール

右上にStylishのアイコンが表示されるので、アイコン上で右クリック → 「オプション」へと進みます。

画面の左側に以下のような画面が出たら、「新しいスタイルを作成」をクリック。

GoogleChromeのアドオン・Stylishの管理画面
すると、こんな画面になります。

GoogleChromeのアドオン・Stylishの設定画面

ここに以下のように入力していきます。

名前 → 任意で名前を入力します。ここでは「Google検索順位番号表示」としておきます。

有効 → チェックボックスにチェックを入れます。

セクション → 以下をコピー&ペースト。
body {
    counter-reset: result !important;
    }
h3.r:before {
    content: counter(result) ". " !important;
    counter-increment: result !important;
    }

こんな感じです。
GoogleChromeのアドオン・StylishでGoogleの検索結果に順位を表示させる設定をしたところ

最後に「保存」をクリックして終了です。

すると… 検索結果画面に順位が表示されました。

Googleで「ハイスタ」と検索し、検索順位が表示された状態


今日は、以上です。
ありがとうございました!


Posted in Google Chrome, その他, アドオン, 便利ツール | Tagged , , | 1 Comment

リスティング広告のマッチタイプとは?どのマッチタイプがいいの?

この記事を読むのに必要な時間:01分43秒

GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告を運用するには、キーワードのマッチタイプを理解することがとても大事です。

マッチタイプとは…
登録したキーワードとユーザーが検索したキーワード(検索クエリ)がどの程度マッチ(合致)したときに広告を表示するのかを決定するものです。


例えば、キーワードを「母の日 サプライズ」と登録した場合、「母の日 サプライズ」と一語一句間違いなく検索されたときにだけ広告を表示させるのか、それとも「母の日 サプライズ」に関連するキーワードでの検索でも広告を表示させるのか選択できるのです。

マッチタイプの種類
このマッチタイプには、4つの種類が用意されています。

「母の日 サプライズ」という検索クエリ(実際にユーザーが検索したキーワード)を例に表示機会が多い順に説明していきます。

1. 部分一致
表示機会が一番多いのがこの部分一致。登録キーワードの類義語や関連性のある検索クエリに対しても広告が表示されます。

メリットとして、インプレッション数が増え、想定外のキーワードで検索するユーザーに訴求できますが、「父の日 サプライズ」のように関係のないユーザーにまで訴求してしまう可能性があり、無駄な広告費が増える傾向にあります。

・広告が出る検索クエリ例:母の日 サプライズ、サプライズ 母の日、母の日 プレゼント ランキング、母の日 プレゼント 花、母 サプライズ、父の日 サプライズ…

・広告が出ない検索クエリ例:想定外のキーワードでも広告が表示されるため一概に言えません。

・設定方法:母の日 サプライズ(そのまま登録)

2. 絞り込み部分一致
次に表示機会が多いのが、絞り込み部分一致。絞り込みたいキーワードの直前にプラス記号 (+) を追加することで、その指定したキーワードや類似パターンが検索された場合にだけ広告が表示されます。

部分一致は場合によっては、「母の日」というキーワードが入っていなくても、「父の日」のような関連性のあるキーワードで検索されたときでも広告が表示されることがあります。絞り込み部分一致は、この「母の日」をロックオンすることができるのです。

登録キーワード「+母の日 サプライズ」

・広告が出る検索クエリ例:母の日 サプライズ、サプライズ 母の日、父の日 母の日 サプライズ、母の日 サプライズ プレゼント、母の日 サプライズ プレゼント ランキング…

・広告が出ない検索クエリ例:サプライズ プレゼント、父の日 サプライズ、母 サプライズ…

・設定方法:+母の日 サプライズ(絞り込みたいキーワードの直前に+をつける)

3. フレーズ一致
検索クエリと登録キーワードが同じ語順で一致したときに広告が表示されるのがフレーズ一致です。(表記のゆれ※1などは含む)

「母の日 サプライズ」が固定され、「母の日 サプライズ ランキング」のように前後に他のキーワードが入っても広告は表示されますが、「母の日 おすすめ サプライズ」や「サプライズ 母の日」など、「母の日」と「サプライズ」の間にキーワードが入ったり、語順が入れ替わった場合、広告は表示されません。

・広告が出る検索クエリ例:母の日 サプライズ、父の日 母の日 サプライズ、母の日 サプライズ プレゼント、母の日 サプライズ プレゼント ランキング…

・広告が出ない検索クエリ例:サプライズ 母の日、母の日 父の日 サプライズ、母の日 プレゼント サプライズ…

・設定方法:“母の日 サプライズ”(キーワードをダブルクォーテーション”"で囲む)

4. 完全一致
表示機会が一番少ないのが、この完全一致です。検索クエリが、語順も含めた登録キーワードと完全に一致したときにだけ広告が表示されます。(表記のゆれなどは含む)

完全一致のメリットとしては、無駄な広告費を抑え、ピンポイントに訴求できることが挙げられますが、デメリットとして、インプレッション数(表示回数)が減り、想定外のユーザーに訴求できずに機会損失につながる可能性があります。

・広告が出る検索クエリ:母の日 サプライズ

・広告が出ない検索クエリ例:母の日 プレゼント、サプライズ 母の日…

・設定方法※2:[母の日 サプライズ](キーワードを角カッコ[]で囲む)


マッチタイプによる広告の表示機会を図にすると以下のようになります。

リスティング広告のマッチタイプを図で説明
一般的に、マッチタイプを部分一致に設定すると多くのアクセスを集められる可能性が増え、マッチタイプが限定されるほど検索クエリに対する関連性を高めることができます。

どのマッチタイプがいいの?
これは、一概には言えませんが、まずは、4つのマッチタイプすべてを理解して使い分けるよりも、部分一致で試してみるといいと思います。

しかしながら、先述した通り部分一致には、広告の表示機会が増えますが、想定とは異なるターゲットに広告が表示されることが多々あります。このターゲットになり得ないユーザーからの検索をいかにはじくかがキーポイントになります。

このあたりは、あらためてお話ししたいと思います。

今日は以上です。
ありがとうございます!


※1表記の揺れとは…
同じ語句に対して異なる表記が存在する語句。

例えば…
「振り込み」と「振込」
「ダイアモンド」と「ダイヤモンド」
「引越」と「引っ越し」
「ベッド」と「ベット」

※2Googleアドワーズでの設定方法です。Yahoo!プロモーション広告は、キーワード登録時に選択できますが、絞り込み部分一致のみ、Googleアドワーズと同様にキーワードの直前に+を追加します。


Posted in Googleアドワーズ, Yahoo!プロモーション広告, リスティング広告(PPC広告) | Tagged , , | 2 Comments

YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)とはどんな広告?

この記事を読むのに必要な時間:02分02秒

今日は、Yahoo!プロモーション広告のYDNについてお話しします。

YDNとは…
Yahoo!ディスプレイアドネットワークのことで、Yahoo!検索エンジンの検索結果ではなく、Yahoo!ニュースのようなコンテンツページに表示される広告です。


このようにYahoo!ニュースやYahoo!の関連サイトにバナーやテキストで広告が掲載されます。

YDNの掲載場所 その1

YDNの掲載場所 その2

2013年1月、Yahoo!のリスティング広告は、Yahoo!プロモーション広告に名称を変更しました。それに伴い、従来のYahoo!のコンテンツ連動型広告であるインタレストマッチ広告は、YDNに名称変更となりました。ちなみに、インタレストマッチ広告は、YDNの中のひとつの広告という位置づけになりました。

YDNは目的に応じて広告掲載方式を選ぶことができる
YDNには、5つの広告掲載方式が用意されています。

1. インタレストマッチ
ユーザーが閲覧中のサイトや過去の閲覧履歴、検索したキーワードなどに応じて広告を配信します。 

例えば、バイク関連のサイトを多く閲覧しているユーザーにバイク関連の広告を、「簡単ダイエット」などダイエット関連の検索をしているユーザーにダイエット関連の広告を配信するなど、Yahoo!のシステムが判断して広告を配信します。
※広告主側で判断することも可能です。

2. ターゲティング
ユーザーの属性・地域を絞って広告を配信します。

例えば、「30代女性」や「渋谷区」に向けて広告を配信したり、「結婚系の情報を掲載しているサイト」だけに広告を表示させたりすることができます。

3. モバイル
従来型の携帯電話、いわゆるガラケーに広告を配信します。ターゲティング同様、広告を配信するターゲットを絞ることができます。

4. サイトリターゲティング
一度、サイトに訪れたユーザーに対し、さまざまな条件をつけて広告を配信します。

例えば、アパレル関係のサイトの場合、Tシャツのページを見たユーザーにはTシャツ用の広告を、スニーカーを見たユーザーにはスニーカー用の広告を配信できます。

5. その他の広告
ターゲットを絞らず、多くのユーザーにアプローチできる広告です。大企業向けかな?

YDNの特徴
その他の特徴は以下の通りです。

・アカウントが独立している
Googleアドワーズと違い、YDNは検索連動型広告であるスポンサードサーチとはアカウントが分かれています。(※機能に制限はありますが、スポンサードサーチでもインタレストマッチ広告を利用することができます。)

・バナー広告(イメージ広告)が使える
YDNではテキスト広告以外にも、さまざまなサイズのバナー広告が使えるため、視覚的にアプローチすることも可能です。

・クリックされてはじめて課金される
リスティング広告全般での特徴になりますが、YDNも広告が掲載されただけでは費用は発生せず、広告がクリックされた時点で課金されます。

YDNは今すぐはじめるべき?
YDNは、まだまだライバルが少なく、安いクリック単価で広告を掲載できるうえ、膨大な数のユーザーにアプローチすることができます。

しかし、潜在意識にアプローチする広告のため、検索連動型広告と同じようなアプローチでは、なかなか成果に結びつきません。ですので、安易にライバルが少ないから今すぐはじめましょう!とは言い難いのですが、少額な予算で開始できるリスティング広告のメリットを考えると、今のうちから少しづつ試していくだけでも、将来、ライバルよりも優位に立てるかもしれません。


今日は以上です。
ありがとうございます!


Posted in Yahoo!プロモーション広告, YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク), リスティング広告(PPC広告), 初心者向け | Tagged , , , | 1 Comment