Category Archives: Webの知識

ターゲットブランクタグとは?target=”_blank”の正しい使い方

この記事を読むのに必要な時間:01分05秒

Webページに貼るリンクには、大きく分けてふたつの種類があります。

ひとつ目は、同じタブ、ウィンドウで開くリンク。
ふたつ目は、別のタブ、ウィンドウで開くリンクです。

みなさんも経験があると思いますが、リンクをクリックしたときに、今見ているページに上書きするような形でリンク先のページが表示されるパターンと、今見ているページとは別に、新しいタブが開いてリンク先のページが表示されるパターンです。

今日は、このふたつのリンクの使い分けについてお話しします。

ふたつのリンクタグ
このふたつのリンクは、タグで表すと以下のようになります。

同じタブ、ウィンドウで開くときのリンクタグ
<a href=”リンク先のURL”>アンカーテキスト</a>
Web上ではこう見える → アンカーテキスト

別のタブ、ウィンドウで開くときのリンクタグ
<a href=”リンク先のURL” target=”_blank”>アンカーテキスト</a>
Web上ではこう見える → アンカーテキスト

※アンカーテキストとは、HTMLの中でリンクが設定された文字のことです。
<a href=”リンク先のURL”>と</a>で囲まれた部分をアンカーテキスト、またはリンクテキストと言います。


つまり、「リンク先を別のタブ、ウィンドウで開く」という指示を出したいときは、リンクタグに『target=”_blank”(ターゲットブランク)』このタグを追記します。

ちなみに上記の通り、Web上では、どちらに指定されているかは判別できません。

ターゲットブランク(target=”_blank”)の正しい使い方
そもそも正しい使い方なんてものはないのでしょうが、ターゲットブランクを入れることによって、離脱が防げる可能性が高まります。

例えば、あなたのWebページに外部サイトへのリンクが貼ってあるとします。
ターゲットブランクが入っていないと、当然、今ユーザーが見ていたページにリンク先のページが表示されます。
そこから、ユーザーはさらに外部のページやサイトをネットサーフィンし、その過程で他のことに興味が移り… 気づけばもともと見ていたあなたのサイトのことは忘れてしまいます。

これは、ネットではよくある話です。

ターゲットブランクを挿入していれば、別のタブやウィンドウにリンク先のページが表示されるので、ユーザーはタブやウィンドウを切り替えるだけで、簡単にあなたのサイトに戻ることができます。

反対に、あなたのWebサイト内のページにリンクをする(内部リンク)場合、ターゲットブランクはつけない方がいいと思います。

でないと、リンクをクリックするたびに新しいタブやウィンドウが開かれ、ユーザーが鬱陶しく感じてしまうかもしれません。

WordPress(ワードプレス)の場合
WordPressでビジュアル欄を使用している場合、リンクの挿入時に「リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」のチェックボックスにチェックを入れると、ターゲットブランクが挿入されます。

WordPressのビジュアル欄を使用しているときのリンクにターゲットブランクを挿入する方法
常にユーザー目線で考える。
離脱を防ぐ方法としてご紹介しましたが、大事なのはユーザー目線で考えることです。
このリンクの場合、ユーザー的には、どちらのパターンの方が良いのだろうか… これを常に考えてください。

一概に、どちらが良いとは言い切れませんが、ひとつの考え方として頭に入れておいてください。


Posted in SEO, Webの知識, Webサイト制作, Webマーケティング全般, WordPress(ワードプレス), 内部対策SEO, 初心者向け | Tagged , , | Leave a comment

ホームページとWebサイト、Webページの違いとは?

この記事を読むのに必要な時間:01分40秒

多くの方が、「ホームページ」と「Webサイト」は同じ意味合いで使っていると思います。

Webの初心者の方は、「ホームページ」、そうでない方は、「Webサイト」や「サイト」などと呼んでいるイメージでしょうか。

しかし、「ホームページ」と「Webサイト」、また「Webページ」は、意味合いが違うのです。

ホームページとは
もともとは、IE(インターネット・エクスプローラー)やFirefox、Google Chromeなどのブラウザを立ち上げたとき、最初に表示されるページのことをホームページと呼んでいました。

ほとんどの方が、ブラウザを立ち上げると、GoogleやYahoo!などのポータルサイトのトップページが最初に表示されると思います。本来は、これをホームページと呼ぶのです。

ブラウザの最初に表示させるページを設定する管理画面を見ると、「ホームページ」と表記されているのが確認できます。




このように、Googleやyahoo!などのWebサイトのトップページをホームページとして設定する人が多かったため、Webサイトのトップページのことを「ホームページ」と呼ぶようになったのです。

よくWebサイトで、別のページからトップページに戻るリンクに「ホームへ戻る」などと貼られていることがあるのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。



つまり、ホームページとは、Webサイトのトップページのことを指します。

Webサイトとは
Webサイトとは、www(World Wide Web・ワールド ワイド ウェブ)上の、特定のドメインで運営されているWebページ全体のことを指します。

例えば、www.google.co.jpやwww.yahoo.co.jp、www.example.comなどのWebページの総称です。

Webをつけずに、「サイト」などとも呼ばれます。

Webページとは
こちらは、割りとわかりやすいですかね。
Webサイトが全体を指すのに対し、Webページは、個々のページのことです。

つまり、Webページの集合体がWebサイトというわけです。

まとめると…
※クリックで拡大

誤った認識が常識に
しかし、本来、ホームページとは、Webページの中のトップページだけを指すものが、誤った認識によって、あらゆるWebページを指す言葉、つまりホームページ = Webサイトとなってしまったのです。

キーワード選びは気をつけて
Webに精通していない方ほど、Webサイトをホームページと呼ぶ傾向にありますので、SEOやリスティング広告のキーワード選び、Webサイト内でどちらを使用するかなど気をつけた方がいいです。

検索数も集まる属性も大きく変わります。


では、まとめます。

今日のまとめ
Webページ
個々のページのこと

Webサイト
Webページ全体のこと

ホームページ
Webサイトのトップページのこと

現在では、誤ったまま認知され、「ホームページ」 = 「Webサイト」となってしまっている。



「ホームページ」と「Webサイト」の違いを知ってるからどうというわけではありませんが、Webマーケティングを行うにあたって、知っておいた方がいい知識かなと思います。

今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Webの知識, Webマーケティング全般, 初心者向け | Tagged , | Leave a comment