Googleアドワーズのテキスト広告の文字数を拡張する方法

この記事を読むのに必要な時間:01分12秒

もうかなり前の話題になりますが、Googleアドワーズのテキスト広告の文字数が拡張されました。(ただし、地域を限定して)

たくさん文字数を詰め込んだ方が良い広告ができるというわけではありませんが、表現方法は増えると思います。

こちらが変更後の文字数です。
Googleアドワーズのテキスト広告の文字数表 しかし、テキスト広告の作成時に拡張された文字数を入力してもエラーが出てしまいます。
実は、デフォルトでは従来の文字数制限が適用されてしまうのです。

Googleアドワーズの管理画面は超クール(笑)なので、大事なポイントであってもあまり主張しません。(笑)
ですので、気づいていない方も多いかもしれません。

それでは、文字数を拡張する方法を説明します。

「広告タブ」から「新しい広告を作成」に進み、「テキスト広告」を選択します。

広告作成画面の下部に小さく薄いテキストで「+東ヨーロッパやアジアの国々をターゲットに設定している広告の文字数制限」と書かれているので、「+」ボタンをクリックします。

すると、「☑次の国のみをターゲットに、文字数の長いテキスト広告の作成を希望します。」というテキストが現れるので、チェックボックスからチェックを外します

Googleアドワーズのテキスト広告の文字数を拡張する方法
これで、文字数を拡張することができます。

海外をターゲットとして広告を出稿している方は、地域によって広告が表示されなくなってしまいますのでくれぐれも注意してください。
また、この設定は、既存の広告グループにのみ変更が可能です。

これって何のアナウンスもなく気づく人いるのかな?(笑)

今日は以上です。
ありがとうございます!


This entry was posted in Googleアドワーズ, ディスプレイネットワーク, リスティング広告(PPC広告), 検索ネットワーク. Bookmark the permalink.

One Response to Googleアドワーズのテキスト広告の文字数を拡張する方法

  1. Pingback: 【NEWSまとめ】日刊リス男TIMES第129号 | 日刊リス男TIMES~リスティング広告のまとめNEWS~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>