Googleはサイトの閲覧履歴や検索から性別や年齢を把握している

この記事を読むのに必要な時間:01分07秒

Googleは、あなたの性別や年齢をかなり正確に把握しています。

試しに、こちらのページで確認してみてください。
https://www.google.com/settings/ads/onweb/?hl=ja
※クリックするとGoogleのページへ進みます。

ちなみにこれは僕の結果です。

Googleの広告設定のキャプチャ画面
Google+のアカウントを持っているので、バッチリ把握されています。

なぜGoogleは情報収集しているのか?
タイトルの通り、GoogleはWebサイトの閲覧履歴や検索からあなたの情報を予想しています。

では、なぜGoogleは、このような情報を集めているのでしょうか?

それは、あなたが興味のある広告を表示したいからです。

例えば、あなたが車関係のWebサイトを頻繁に閲覧していたら、Googleは、ニュースサイトやGmailなどに車に関連した広告を掲載します。美容整形のサイトや子育てママが集まるコミュニティサイトを頻繁に訪れていたら、Googleは、あなたを女性と判断し、女性向け、ママ向けの広告をバシバシ出してきます。

このように、Googleは、普段あなたが見ているWebサイトや検索したキーワードからあなたの情報を得て、あなたが興味のある広告を出しているのです。

Googleの収入源は広告費
普段、みなさんが利用している、Googleの検索エンジンやGmail、Googleマップなど、Googleのサービスは無料のものばかりです。

これ、当たり前のように無料で利用していますが、どれもこれもすごいシステムばかりですよね?もちろん、これらのサービスはGoogleが善意のみで提供しているわけではありません。

Googleの収入源は広告費です。このようなGoogleのサービスを無料で提供し続けるために、Googleは広告を最適化してユーザーにクリックしてもらわなければいけないというわけなのです。(Googleの広告は、基本的にクリック課金型広告ですので、ユーザーが広告をクリックすると、広告主はGoogleに広告費を支払います。)


リンク先ページの「興味・関心」の項目では、自分がいつもどんなジャンルのWebサイトを見ているのか確認できておもしろいですよ。

今日は、以上です。
ありがとうございました!


This entry was posted in Google, Googleアドワーズ, リスティング広告(PPC広告), 初心者向け and tagged , , , . Bookmark the permalink.

One Response to Googleはサイトの閲覧履歴や検索から性別や年齢を把握している

  1. Pingback: 【NEWSまとめ】遂に一般解禁!ヤフプロにもエディターが!キャンペーンエディター提供開始等々 | 日刊リス男TIMES~リスティング広告のまとめNEWS~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>