品質スコア(品質インデックス)を上げる方法|掲載順位は品質で決まる

この記事を読むのに必要な時間:03分18秒

今回は、リスティング広告の掲載順位についてお話しします。

SEOでも同じことが言えますが、リスティング広告も上位に掲載されることによって、クリックされる可能性は高まります。
それでは、この掲載順位はどうやって決まるのでしょうか?
それをお話しする前に、まずリスティング広告の料金形態について説明します。

リスティング広告の料金はオークション形式
リスティング広告は、クリック単価を広告主自身が管理画面を操作することによって簡単に決めることができます。(変更も簡単に行えます。)

クリック単価という言い方をするのは、リスティング広告は基本的にユーザーにクリックされることではじめて料金が発生する(広告主がGoogleやYahoo!に広告料を支払う)システムだからです。
つまり、マス広告や純広告と違い、掲載されただけでは料金は発生しません。

このクリック単価は、入稿したキーワードに対して、1クリック当たりいくらまで広告料を出すか?というオークションと同じような入札形式で成り立っています。しかし、リスティング広告は、単純にクリック単価を上げれば上位に掲載されるわけではないのです。

品質スコア(品質インデックス)を制する者は、リスティング広告を制する
リスティング広告の掲載順位には、Googleアドワーズでは『品質スコア』Yahoo!リスティング広告Yahoo!プロモーション広告では『品質インデックス』というものが大きく関係してきます。

品質スコア、品質インデックスとは…
キーワードに対するGoogleやYahooからの評価で10段階で表されます。
Googleの品質スコア、Yahooの品質インデックスは10段階で表されているイラスト


品質スコアの表示方法
品質スコア(品質インデックス)は、管理画面のキーワードの項目で確認することができます。初期設定で表示されない場合は、下記の手順で表示させることができます。(Yahoo!プロモーション広告の場合は初期設定で表示されています。)

Googleアドワーズで品質スコアを表示させる方法のイラスト
※クリックで拡大できます。
Googleアドワーズの管理画面は告知なしで随時変更されていくため、多少表示内容が異なるかもしれません。(2012年9月28日現在)

品質スコアの決定方法
では、次にこの品質スコアはどうやって決まるのでしょうか?


よくわかりませんね。笑
でも実はとても当たり前のことなのです。

要は、入札したキーワードが広告文のタイトルや説明文、リンク先のページに入っていればOKということです。

しかし、入札キーワードを広告のタイトルや説明文に入れるだけでは品質スコアは上がりません。実は、品質スコア、品質インデックスで一番大事なのは、『クリック率』なのです。このクリック率が要因の大半を占めています。

つまり、品質スコア(品質インデックス)を上げるには、いかにユーザーに広告をクリックしてもらうか、ということになるわけです。

検索順位を決める要因である広告ランク
さらにもうひとつ検索順位を決める要因として、大事になってくるのが『広告ランク』というものです。(※Googleアドワーズのみ)

広告ランクとは…
広告ランクは、広告の掲載順位を決めるためにGoogleアドワーズが使用する値で、以下のような計算式で成り立ちます。

広告ランクの計算式
入札価格 × 品質スコア = 広告ランク

例えば…
入札価格が35円で品質スコアが8の場合、
35円 × 8 = 280
これが広告ランクとなります。


ライバルが50円で入札していても品質スコアが4の場合、広告ランクは200となるので、入札価格は自分の方が安いのですが、実際にはライバルよりも自分の広告の方が上位に掲載されるのです。


入札価格だけを見ると
ライバルA → ライバルB → 自分
という順番で掲載されるはずですが、実際は広告ランクで順位が決まるため、
自分 → ライバルB → ライバルA
この順番で掲載されるのです。


つまり、広告ランクが高ければ高いほど上位に掲載されるというわけです。こう見ると、品質スコアがいかに大切かわかると思います。

Yahoo!プロモーション広告では広告ランクという考え方はありませんが、広告の掲載順位は、やはり入札価格とキーワードの品質インデックスに基づいて決定されています。

このようにリスティング広告における掲載順位の決定方法は、ややこしいように見えて、実はとてもシンプルな仕組みなのです。
広告費を抑えて上位掲載を狙うには、とにかく品質スコア、品質インデックスが大事なのです。キーワードの品質を上げれば上げるほど安いクリック単価で上位掲載されるのです。

それでは、まとめます。

今日のまとめ
リスティング広告の掲載順位は、広告ランク(Googleアドワーズのみ)が高いものから順に掲載される。

広告ランクを上げるには…
・入札価格を上げる
・品質スコアを上げる
このどちらかを満たせば良い。

品質スコア、品質インデックスを上げるには、広告のクリック率を上げれば良い。


品質スコアで一番大事なのは、『クリック率』。つまり、いかにお客さまにクリックしてもらえる広告を作るかが鍵となるわけです。

しかし、その反面、リスティング広告は(大企業のブランディング施策なら話しは別ですが)クリックされることがゴールではありません。商品の購入や資料請求、見積り依頼などのアクションを起こしてもらわなければなりませんので、「クリックされる広告を作る」ということにフォーカスしてしまうと、クリックはされるけど、全然コンバージョンに繋がらない… という結果になりかねません。バランスが大事ですね。


今日は以上です。
いつもありがとうございます!


This entry was posted in Googleアドワーズ, リスティング広告(PPC広告) and tagged , , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 品質スコア(品質インデックス)を上げる方法|掲載順位は品質で決まる

  1. Pingback: 【NEWSまとめ】キーワードのマッチタイプ部分一致と絞り込み部分一致の違い,リス男とテクノロジー等々 | 日刊リス男TIMES~リスティング広告のまとめNEWS~

  2. c-ch says:

    はじめまして。
    品質インデックスについて検索をし、訪問させていただきました。
    少し気になるところを見つけたのでコメントさせていただきます。
    広告ランクの図解の表の中で、ライバルBが40円での入札、品質スコアが7の場合、広告ランクは280になるかと思うのですが、品質スコアが240になっているのは単純な計算ミスでしょうか?
    自分もあまり詳しくなく、なにが正しいのかわからないので、お答えいただけるとありがたいです!

    • akagami says:

      c-chさん
      コメントありがとうございます!
      単純な表記ミスです… お恥ずかしい… 笑
      修正させていただきました。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>