Googleアドワーズでモバイル(ガラケー)広告を出す方法

この記事を読むのに必要な時間:01分32秒

2013年スマホはもっと伸びる!スマホ対策は必須だ!とスマホばかりが取り上げられていますが、まだまだガラケーユーザーも多数存在していることを忘れてはいけません。

以前に、リスティング広告のキャンペーンは、パソコン、スマホなどのデバイスは分けるべきと記事にしましたが、(ガラケーサイトを持っていれば)ガラケーだって例外ではありません。

Yahoo!プロモーション広告の場合
Yahoo!リスティング広告Yahoo!プロモーション広告の場合、キャンペーン作成画面のターゲティング設定のデバイスから簡単にモバイル(ガラケー)を選択することができます。


Google AdWordsの場合
しかし、Google AdWordsの場合、パソコン、スマホ、タブレットの選択肢しかなく、ガラケーだけを選択することができません。



実は、Google AdWordsでは、ガラケーに限って設定場所が違うのです。

Google AdWordsガラケー専用キャンペーンの作り方
では、設定方法です。

まず、キャンペーン設定画面、「タイプ」で「検索ネットワークのみ」もしくは、「ディスプレイ ネットワークのみ」のどちらかを選択します。

次に、「標準」と「すべての機能」のうち、「すべての機能」を選択します。(デフォルトでは「標準」にチェックが入っています。)
キャンペーン作成後に変更したい場合は、キャンペーンの編集で設定を変更します。
デバイスに関しては、デフォルトのまま「使用可能なすべてのデバイス」でOKです。


すると、新しい広告を作成する際に、「モバイル広告(従来型)」の選択肢が現れます。


パソコンやスマホと比べて、説明文が全角12文字と短いのがモバイル広告(従来型)です。


以前は、通常の設定方法でもガラケー広告を作成できたのですが、Google AdWordsの管理画面は日替わり状態で変更されていくので、戸惑ってしまいますね…。

今回の「標準」と「すべての機能」。
ここで「すべての機能」を選択しないと、以前はできたのにできなくなってしまう機能が結構あるようです。
ご注意を。

それでは、まとめです。

今日のまとめ
PC、スマホ、タブレット同様、モバイル(ガラケー)もキャンペーン作成時にデバイスを分けて管理しましょう。

キャンペーン設定の「全般」→「タイプ」の中の「標準」と「すべての機能」の選択では、「すべての機能」を選択しておきましょう。


This entry was posted in Googleアドワーズ, ディスプレイネットワーク, リスティング広告(PPC広告), 検索ネットワーク. Bookmark the permalink.

3 Responses to Googleアドワーズでモバイル(ガラケー)広告を出す方法

  1. Pingback: 第173号今の広告代理店のリスティング制度で大丈夫なのか?の巻 記事×8まとめニュース | 日刊リス男TIMES~リスティング広告のまとめNEWS~

  2. 深田 says:

    勉強になります!

  3. akagami says:

    深田さん
    コメントありがとうございます!
    励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>