ブラウザのフォントを変更する方法

この記事を読むのに必要な時間:01分28秒

Google ChromeやFirefox、IEで表示されるフォントは、Webサイトが指定していない限り、各ブラウザの設定に依存します。

基本的には、どのブラウザもMSPゴシックがデフォルトの設定になっていますが、設定をカスタマイズすることによって、自分の好きなフォントでWebサイトを閲覧できたり、作業が可能になります。

Google Chromeのフォントを変える方法 >>
Firefoxのフォントを変える方法 >>
Internet Explorer(IE)のフォントを変える方法 >>


Google Chromeのフォントを変える方法
まずは、ブラウザの設定画面に進みます。

Google Chromeのフォントを変える手順 その1

設定画面の下部の「詳細設定を表示…」をクリックすると、設定画面のすべてが表示されます。

Google Chromeのフォントを変える手順 その2

「ウェブコンテンツ」の項目の「フォントをカスタマイズ…」をクリック。

Google Chromeのフォントを変える手順 その3

ここで、フォントの種類やサイズを変更し、「完了」でOKです。

Google Chromeのフォントを変える手順 その4
※ブラウザのフォントを変更するときの注意点

例えば、こんな感じに設定することもできます。




Firefoxのフォントを変える方法
左上の「Firefox」から「オプション」へと進みます。

Firefoxのフォントを変える手順 その1

「コンテンツ」タブの「フォントと配色」の項目で好みのフォントやサイズに変更→「OK」で完了です。

Firefoxのフォントを変える手順 その2

「詳細設定」や「配色設定」でより細かいカスタムが可能です。

Firefoxのフォントを変える手順 その3
Firefoxのフォントを変える手順 その4
※ブラウザのフォントを変更するときの注意点 >>


Internet Explorer(IE)のフォントを変える方法
右上の「歯車マーク」→「インターネット オプション」をクリック。

IEのフォントを変える手順 その1

「全般」タブの「フォント」に進むと変更できます。
Firefoxと同様に「色」などの設定も可能です。

IEのフォントを変える手順 その2
IEのフォントを変える手順 その3
※ブラウザのフォントを変更するときの注意点


ブラウザのフォントを変更するときの注意点

注意しなければいけないのが、各ブラウザともに「デフォルトに戻す」ことがちょっとやっかいな点です。

少し面倒な手順を踏まないといけないため、最初の設定をメモするなりキャプチャー(ディスプレイに表示されている画像や動画像を、画像データとしてファイルに保存すること)をとるなりしておいた方が良さそうです。


以上が、ブラウザのフォントを変更する方法です。

自分好みのフォントにすることで作業効率が意外にも上がったりするので、読みやすいフォントがある方や自分好みの設定にしたい方などは、是非お試しを。

それでは、今回も最後までありがとうございます!


This entry was posted in Firefox, Google Chrome, Internet Explorer, その他, 便利ツール. Bookmark the permalink.

3 Responses to ブラウザのフォントを変更する方法

  1. yuyu says:

    詳しいご案内有難うございました。文字サイズの変更は各種行っていますが、ブラウザの文字種、の変更を知りたかったのです。

    それが頂けて助かりました。有難うございました。

  2. yuyu says:

    文字サイズ変更は今までおこなっていますが、ブラウザの文字種の変更を知りたかったのです、

    それぞれの詳しいご案内有難うございました。

    • akagami says:

      yuyuさん

      コメントありがとうございます!
      しばらく更新していないので心配でしたが、お役に立ててなによりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>