Gmailはコマンド(演算子)の使用で簡単に検索できる

この記事を読むのに必要な時間:01分08秒

Gmailの魅力のひとつが、無料なのに大容量なところ。

しかも、検索機能がすぐれているので大容量でも見つけたいメールが簡単に見つかります。

でも、もっと快適にメールを検索できる補助機能があるのです。

Gmailの便利なコマンド(演算子)
それは、コマンド(演算子)機能。

Gmailの検索窓にコマンドを入力することで、目的のメールがすぐに見つかります。

Gmailでコマンドを入力する方法

このコマンドですが、かなり種類があるので、今回は、おすすめのコマンドを紹介したいと思います。

is:unread
効果:未読メールを検索

これ便利度、使用頻度ナンバーワンのコマンド。
一瞬で未読メールだけ呼び出してくれます。

has:attachment
効果:添付ファイル付きメールだけ検索

添付ファイル付きのメールだけに絞り込んで呼び出します。

filename:
効果:添付ファイルの拡張子を指定して検索

こちらも添付ファイル付きのメールの呼び出しなのですが、ワードならdoc、PDFならpdf、画像ならjpg、gifなど拡張子を絞り込んで呼び出せます。

subject:
効果:件名だけを検索

件名に入っている文言だけを絞り込んで検索できます。

メールの分類設定は最低限でOK
Gmailは、ラベルや振り分けなどの機能も充実していますが、このコマンドのおかげで、大量のメールを細かく分類する必要がなく、本当に便利です。

辞書登録でさらに便利に
検索するときにいちいち、is:unre… などと入力するのは面倒だし、せっかく高速で検索できる便利な機能なのに、入力がスムーズにいかないと本末転倒。

ですので、辞書登録することをおすすめします。

例えば、is:unread なら、「みどく」、subject なら「けんめい」と入力すると is:unread や subject と変換されるように設定しておくのです。

ちなみにコマンドは、スマホでも使えますよ。
是非、お試しを!


いつもありがとうございます!


This entry was posted in Google, その他, 便利ツール and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>