Googleが違反したWebサイトに与える2つのペナルティとは?

この記事を読むのに必要な時間:01分10秒

今日は、GoogleがあることをしたWebサイトに対して与えるペナルティについてお話しします。

SEOをはじめたばかりの方は、ペナルティってなに?
Googleってそんな制裁与えてくるの!?怖い怖い! …なんて思うかもしれませんね。笑

どういうことかと言うと、Googleは、品質に関するガイドラインというものを定めていて、このガイドラインに違反し、意図的に検索順位を操作しようとするWebサイトに対し、ペナルティを課すことがあるのです。

検索順位を意図的に操作する行為とは?
不正な行為とは、例えば、自分で大量のサイトを作り、そこからあたかも他人がリンクしたかのように装うような行為などのことです。

↓↓ 他にもいろいろあります。
Googleの品質に関するガイドラインについての詳細 >>

Googleが与えるペナルティ
Googleは、不正なSEOを行っていると判断したサイトに対し、検索結果の順位を大幅に下げたり、最悪なケースだと、インデックスを削除するなどして、Googleの検索結果に表示されないようにします。

ペナルティの種類
Googleが与えるペナルティには、大きく分けて2つの種類があります。

1. 手動によるペナルティ
GoogleのスタッフがWebサイトを巡回して判断するペナルティです。

手動によるペナルティに関しては、基本的にウェブマスターツールに警告メッセージが届きます。
Googleウェブマスターツールとは?警告メッセージを受けたときの対処方法 >>

2. アルゴリズムによるペナルティ
Googleのクローラー(ロボット)が判断するペナルティです。

アルゴリズムによって課せられたペナルティについては、ウェブマスターツールに警告メッセージが届くことはありません。
ですので、自分では気づきにくく、いつまで経っても検索結果に出てこない…、順位が上がらない… など、実は知らずにペナルティを課せられていた… なんてこともあるのです。


しかし、ペナルティと言ってもそんなにセンシティブになる必要はありません。普通にサイトを運営している限り、このようなペナルティを課せられることはありません。

ただし、SEO業者に依頼している場合は要注意。
あなたが知らない間に、不正なSEOを行っている可能性があります。

このようなことがないよう、やはりSEOは、自分の手で行うべきだと思いますが、どうしても手が回らず、SEO業者に依頼しなければならない状況でも、SEOの概要、動向は理解しておきましょう。
Google検索エンジン最適化スターターガイド|これがSEOの正解? >>


今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


This entry was posted in Google, SEO, 初心者向け and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>