パンダアップデートとは?パンダ撃退のための究極の対策

この記事を読むのに必要な時間:01分48秒

ついにパンダアップデートが日本にやってきました。
Web業界はこの話題で持ちきりです。

パンダアップデートとは?
欧米で始まったのが2011年2月、日本にはいつ来るのか?もう来ないんじゃないの?いろいろ噂されてきましたが、2012年7月18日忘れた頃にパンダ来日です。

パンダパンダパンダって何なの?という方にご説明します。

パンダアップデートとは…
Googleの新しいアルゴリズムで、「質の低いコンテンツを持つサイトの検索順位を下げ、逆に良質なコンテンツを持つサイトの検索順位をより適切に評価するもの」です。

パンダという名前は、この新しく、且つ画期的なアルゴリズムを作りあげたプロジェクトチームの中心人物の名前からとられているそうです。
欧米では、かなり規模の大きなアルゴリズム変更で検索結果の10%以上に影響を与えました。


では、パンダアップデートでペナルティを受けるとされる質の低いサイトとはどんなものなのでしょうか?
それは以下のようなコンテンツを有しているサイトです。

こんなサイトはパンダアップデートに要注意

このようなコンテンツを持つサイトは順位が落ちる可能性大です!
・他サイトからのコピーコンテンツ
・同じような内容のコンテンツの量産(地域ページなど)
・広告ばかりのコンテンツ
・利便性の低いコンテンツ


つまり、検索ユーザーにとって価値の低いサイトは検索順位を落とされる可能性があるということです。
一方、ユーザーにとって有益とGoogleが判断したサイトは検索順位が上がるようです。

日本でのパンダアップデート
日本におけるパンダアップデートの影響は、検索結果の4%に及ぶとGoogleは発表しています。欧米の半分以下の影響となります。

当社のサイトは、今のところ本命サイトでは特に大きな影響は受けていません。
逆にビッグワードで上がるという結果も出ました。
以前からコンテンツ対策に取り組んでいたのが功を奏したのかもしれません。

検索エンジンが求めるWebサイト
良質なコンテンツを作るのは大変な労力です。
しかし、これこそが検索エンジンが求めているもので、本来あるべき姿のSEO対策です。


一朝一夕でできること = 誰でもすぐにできること
時間がかかること = 面倒なのでとりかかる人が少ない
ですので、ここはもう時間をかけてコツコツやるしかないです。

リンク操作やブラックなSEOを追っても結局いたちごっこです。
Googleに新たな対策を打たれて、また新たな手法を考える。またそれを対策される… いつか悪しき対策は駆逐されるでしょう。

…なーんて、偉そうなこと言ってすみません(笑)
言うは易く行うは難し!

今後は、コンテンツの作り方なんかもシェアしていきますね。

今日のまとめ
パンダアップデート対策どうこうよりも良質なコンテンツは、ユーザーが求めているものです。
検索エンジンを対策するのではなく、お客さまの方に目を向けましょう。
そうすると、結果的に検索エンジンも好んでくれるはずです。


今日は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

小さな会社のWebコンサルティングでNo.1


This entry was posted in SEO, パンダアップデート and tagged , . Bookmark the permalink.

2 Responses to パンダアップデートとは?パンダ撃退のための究極の対策

  1. 秦 洋一 says:

    本当にいつも有益な事をシェアされていて、必ず目を通したくなる
    数少ない良質なブログですね、石田さんのブログは。感謝します。

    また来週連絡させていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>