SEOとは?GoogleはこんなWebサイトが好き

この記事を読むのに必要な時間:02分40秒



今回は、SEOについてお話しします。

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の頭文字をとった言葉で、検索エンジン最適化と言ったりします。

例えば、Webサイトで「ダイエットサプリ」を売りたいとします。

そこで、検索する人が、「ダイエット サプリ」と検索したときに、あなたのサイトが検索結果の上位に表示されるようにさまざまな対策をすることです。

GoogleとYahoo!の検索順位
GoogleとYahoo!の検索エンジンの検索順位は、一緒だと思いますか?それとも違うと思いますか?

実際に、「ダイエット サプリ」をGoogle、Yahoo!で検索してみましょう。

GoogleとYahoo!の検索順位は一緒か違いのかの検証 その1

GoogleとYahoo!の検索順位は一緒か違いのかの検証 その2

意外と知られていないのですが、この通り、GoogleとYahoo!の検索エンジンの検索順位は同じです。
※まったく一緒というわけではなく、キーワードによって多少変化することがあります。

以前は、GoogleとYahoo!は、それぞれ別の検索結果を出していましたが、現在、Yahoo!はGoogleの検索エンジンのシステムを使っているため、検索結果が一緒なのです。

つまり、Googleで1位を獲れば、Yahoo!でも1位を獲れるということになります。

GoogleとYahoo!のシェア率
これが、GoogleとYahoo!の検索エンジンのシェア率です。

ポータルサイトのシェア率
GoogleとYahoo!のシェア率を合わせると92.2%。

つまり、Googleで1位を獲れば、日本の検索エンジンを使うユーザー(7千万人と言われています。)の内、92%以上にあなたの商品やサービスをアプローチするチャンスがあるということなのです。

これってスゴくないですか??

Googleはどのようにして検索順位を決めているのか
それでは、Googleはどのようにして検索順位を決めているのでしょうか?

これを知らない方に聞くと、アクセス数じゃないの?と答える方が多いのです。しかし、アクセス数で検索順位を決めているとしたら、新しいサイトが検索順位の上位を獲ることが難しくなってしまいますよね?

GoogleやYahoo!のような検索エンジンの目的とは?
Googleが検索順位をどうやって決めているのか… の前に、Googleの目的を考えてみましょう。

Googleの目的は、とてもシンプル。
それは、お金儲けです。

Googleの収入源の大部分は広告費ですので、Googleが儲かるには、多くの企業に広告を出してもらわないといけません。そのためには、Googleの検索エンジンをたくさんの人に使ってもらわないといけないのです。

たくさんの人に検索エンジンを使ってもらうためにGoogleは、良いサイトを1位に出さないといけません。

検索する人が、「ダイエット サプリ」と検索したときに、検索する人が満足するサイトを1位に出したいのです。

しかし…、満足いくサイトなんて人それぞれですよね??

Googleが考えた検索順位を公平に決める仕組み
質問に戻ります。
Googleはどのようにして検索順位を決めているのか?

つまり、Googleは、どうやって検索する人が満足いくサイトを1位に出しているのか?

Googleがスゴいのは、この検索順位を決める新しい指標を作り出したからなのです。

どうすれば公平に検索順位を決められるか… Googleはこう考えました。

「人に紹介されているサイトは良いサイトに違いない」と。

そこで、「ダイエットについて詳しい人(サイト)が、たくさん紹介(リンク)しているサイトを1位にしよう!」被リンクによる評価が始まったのです。

さまざまなSEO対策
SEO対策には、業者にお金を払って自分のWebサイトにリンクを貼ってもらったり、自分でたくさんのホームページを作り、あたかも他の人からリンクされているかのように装うなどのブラックハットSEOと呼ばれる悪どい方法から、ホワイトハットSEOと呼ばれるGoogleが推奨している方法まで、実に何通りもあります。

リスクを考えなければ、ブラックハットSEOで急速に上位表示させることも可能なのがSEOです。

しかし、このような方法で上位表示させたからといって、長続きはしません。このようなWebサイトの多くが、日々進化しているGoogleに見破られるようになってきています。

2012年、Googleの大きなアルゴリズム変更
2012年に入り、Googleは、ブラックなSEOを行なっていると判断したWebページを排除するために、ペンギンアップデートパンダアップデートと呼ばれる新たな※アルゴリズムの変更を行っています。

おかげで今やSEO業界は、どこもかしこもペンギンペンギンパンダパンダです。

※アルゴリズム
検索エンジンが用いるプログラムのこと。検索キーワードに対してどのページを表示させるかを決定するルールのようなものです。


別にSEO対策は悪いことではありません。
現にGoogleは、ユーザビリティ向上や※クローラーが巡回しやすくなるようなSEOを推奨しています。

ライバルがSEO対策を行なっている以上、やらざるをえないとも言えます。

※クローラー
クローラーとは、Webサイトの情報を集めるためにWebページを巡回するロボットのことで、ボット(Bot)などとも呼ばれます。Webページ内にあるリンクをたどって他のWebページに移動します。


パンダアップデート以降のSEO対策
日本より先に始動された欧米でのパンダアップデート以来、SEO対策は一気にコンテンツSEOの流れに入っていきました。
検索上位を狙うには、コンテンツの充実したWebサイトを作らなければいけないということです。

検索エンジンの目的は先に述べたように、「検索する人が満足するサイトを1位に出すこと。」ですので、検索する人が満足するコンテンツづくりは、ある意味上位表示の一番の近道なのです。

しかし、良いコンテンツを作ったからといって検索順位の上位に表示されるわけではありません。依然として、自作自演ではない自然な被リンクをもらうということは重要だと思います。

今後、重要度が上がると考えられる指標
サイトの運営年数、更新頻度、有益なコンテンツの量、ユーザビリティ… この辺りの重要性が増すのではないかと思います。

なぜなら、これらは一朝一夕では対策できない指標だからです。
この考え方は、結構大切だと思います。

ライバルたちが簡単に真似できない時間と手間をかけたユーザー目線のWebサイトづくり。本来あるべき姿のナチュラルな検索結果が出る日も近いのかもしれません。

今日のまとめ
GoogleやYahoo!のような検索エンジンの目的は、検索する人が満足するサイトを1位に出すこと。


これからのSEOは、時間がかかります。
いかに工夫して、ユーザーの役に立つサイトをコツコツとたくさん作れるかです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


This entry was posted in SEO and tagged , . Bookmark the permalink.

2 Responses to SEOとは?GoogleはこんなWebサイトが好き

  1. buchi0814 says:

    素晴らしい記事ですね。SEOについて色々なブログを拝見しましたが、貴サイトが一番分かり易かったです。

    他のブログはSEOについて、難解な専門用語と結論性のない概念ばかりでよく分からなかったので、大変参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>