サイトマップとは?サイトマップ作成に役立つ2つのポイント

この記事を読むのに必要な時間:01分55秒

いくら素晴らしいサイトを作っても誰にも見られることがなかったらこの世に存在しないサイトと同じです。
以前にクローラビリティについてお話ししましたが、今回はもう少し突っ込んだお話しです。

クローラーにインデックスされていないサイトは…
多くの人たちに見てもらうためには、まずクローラーにインデックス(認識)してもらうことが重要です。

検索エンジンの検索窓に直接URLを入力して、検索結果に出てこない場合、そのページは検索エンジンにインデックスされていません。つまり、どんなキーワードで検索しても絶対に検索結果に出てこない状態なのです。

ページがGoogleにインデックスされていないので検索結果に出ない状態
そこで、クローラビリティ向上のために活用して欲しいのが、サイトマップです。

サイトマップとは

サイトマップとは…
Webサイト内のページ構成を一覧できるようにした案内ページのこと。本の目次みたいなものです。
サイト内で迷子になったり、目的の情報が見つけられないユーザーのためのコンテンツ一覧です。


サイトマップは、2種類あり、ひとつはhtmlページで作るユーザーのためのサイトマップ。
そしてもうひとつは、xmlで作るクローラー用のサイトマップです。

tmlで作成したサイトマップの一例※htmlページで作成したサイトマップ例 クリックで拡大

xmlで作成したサイトマップの一例※xmlページで作成したサイトマップ例 クリックで拡大

ユーザーのためと書きましたが、クローラーはhtmlのサイトマップも利用することがあるので、ふたつとも用意しましょう。

htmlサイトマップの作りかた
htmlのサイトマップは、通常のWebページと同じように作成します。
基本的には、すべてのページへのリンクを貼りますが、ページ数が膨大な場合は、主要なページヘリンクするか、サイトマップを数ページ作ります。

ページ作成後は、サーバーのルートディレクトリ(一番上の階層)にアップロードします。(アップロードするディレクトリはどこでも構いませんが、ルートディレクトリで良いと思います。)

xmlサイトマップの作りかた
xmlのサイトマップは少し複雑です。
ただ、「サイトマップ ツール」で検索すると、無料でxmlのサイトマップを作成してくれるツールがたくさん出てきます。

こちらも作成後は、サーバーのルートディレクトリ(一番上の階層)にアップロードします。

また、xmlで作ったサイトマップは、Googleウェブマスターツールを使ってGoogleに送信することができるので忘れずに。

Googleウェブマスターツールにサイトマップを登録する手順

クローラーにとって最適な=SEOに効果的なサイトマップとは?
それは、Googleが答えてくれています。

SEOに効果的なサイトマップとは…

1. リンク切れなどをチェックし、常に最新の状態にしておく。
2. ただ単にリンクを並べるだけではなく、カテゴリやジャンルで整理する。


サイトマップは、まずユーザビリティを考え、ユーザーが迷子にならないようなページを心がけましょう。
また、いくらページ数が少ないサイトでも、サイトマップは用意した方がいいです。あとになって作るのは大変ですし、ページ数が少ないというのも自分の判断でしかないですからね。

今日のまとめ
ユーザビリティ、クローラビリティ向上のためにサイトマップ(sitemap.html)を、クローラビリティ向上のために、クローラー専用のサイトマップ(sitemap.xml)も用意しましょう。

ただ、思考のベクトルが、クローラーやSEOだけに向いてしまうと、本末転倒です。
あくまでもユーザー目線のサイト制作を。



今日は、以上です。
ありがとうございました。


This entry was posted in SEO, ウェブマスターツール, 内部対策SEO and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>