Googleウェブマスターツールとは?警告メッセージを受けたときの対処方法

この記事を読むのに必要な時間:02分17秒

パンダアップデートの話題に引き続き、今度はGoogleがウェブマスターツールへ不自然なリンクを指摘する警告メッセージを大量に送っているというニュースが騒がれています。

どうやら今回の警告の規模は過去最大らしいと耳にしたので、当社のサイトにも届いたかなと急いで確認したところ特にメッセージは来ていないようで、とりあえずほっとしました。

ウェブマスターツールとは?
さて、このGoogleウェブマスターツール、一体なんのことやらさっぱり??という方のために、この機会に説明したいと思います。

Googleウェブマスターツールとは…
Googleが提供するサイト管理者用のツールです。

Googleからのメッセージを受け取ることができたり、ページがインデックス(認識)されたかどうかの確認や被リンクの数、検索キーワード(検索クエリ)の確認、リンク切れやタイトル、ディスクリプションの重複状況などなど… いろいろと教えてくれるとても便利な無料のツールです。


↓Googleによるウェブマスターツールの説明


ウェブマスターツールにまつわる噂
ウェブマスターツールは、一見便利なWebツールなのですが、実は利用にあたって賛否両論、さまざまな意見が飛び交っています。

ある人は、ウェブマスターツールに登録なんてしたら、Googleに手の内をすべて見せるようなもの!と反対します。
しかし別のある人は、こんなに便利なのだから絶対に利用するべきだ!と言います。

個人的な意見としては、本命サイトにはGoogleアナリティクス(Googleが提供するアクセス解析ツール)を入れておきたいので、すべてのサイトを登録するのではなく、本命サイト、もしくはGoogleアナリティクスを入れているサイトだけ登録すればいいかなと思います。

例えば、本命サイトにリンクを送るためのサイトやブログを運営しているのでしたら、そのサイト、ブログは登録しなくてもいいと思います。その場合はアクセス解析もGoogleアナリティクス以外のツールを使ったほうがいいと思います。

ウェブマスターツールに登録する一番の理由
それは、今回話題になっているGoogleからの警告を受け取ることができるからです。
Googleへこちらの意思を伝え、Googleからもメッセージをもらえる、この貴重なコミュニケーションツールを利用しないのはもったいないかなと思うのです。

話しを戻します。

このGoogleが提供してくれているウェブマスターツールにサイトを登録していると、今回のようにサイトになにかしらの問題があるとGoogleが判断した場合、メッセージが届くことがあります。
内容はリンクに関するものなどさまざまです。

ウェブマスターツール警告文一例


もちろん登録をしていないとGoogleからのメッセージを受け取ることはできません。
本来ウェブマスターツールに登録さえしていれば、受け取ることができたはずのメッセージ。それを知らずにGoogle対策をするのはちょっと危険かもしれませんね。

ちなみに、登録はとても簡単です。
まだの人は、是非登録してみてください。

実際にGoogleから警告メッセージを受け取ったときの対処方法
こちらも意見が二分しています。
「Googleの警告どおりに対応しましょう派」と「無視しましょう派」です。

実際、警告メッセージを受け取ったわけではないのでなんとも言えませんが、ウェブマスターツールに登録までしておいて無視するという選択肢はないかなと思います。

警告で指摘された問題点を修正し、再審査リクエストをしてひとまず様子を見ましょう。

今日のまとめ
ウェブマスターツールは、本命サイト、もしくはGoogleアナリティクスを入れているサイトは登録しましょう。
そして、警告メッセージを受け取った際は速やかに対応しましょう。


Googleウェブマスターツールの登録はこちらから >>


今日は以上です。
ありがとうございます!


This entry was posted in SEO, ウェブマスターツール and tagged , . Bookmark the permalink.

4 Responses to Googleウェブマスターツールとは?警告メッセージを受けたときの対処方法

  1. 秦 洋一 says:

    うーん!今回もわかり易く説明されていて、
    ありがとうございました。

  2. akagami says:

    秦さん
    質問やリクエストなどありましたらお気軽にお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>