リンクスパムと不自然リンクを無効化するリンクの否認ツールを使うとき

この記事を読むのに必要な時間:03分24秒

Googleウェブマスターツール、不自然なリンクを無効化させるツールを導入

SEO業界はもっぱらこの話題ですね。
その名も『リンクの否認』ツール。

リンクの否認ツールとは…
サイトに貼られている特定のリンクをGoogleに申請して無効化してもらえるツールのことです。


このツールの使い方は、僕が書かなくてもたくさんの方が良質な記事を書かれていますので、僕は、この機会に不自然なリンクのことやこの『リンクの否認』ツールの使うべきシチュエーションについて書いてみます。

このブログは、小さな会社のWebマーケティングブログであり、Webマーケティングに関して初心者の方に向けたブログでもあるので、あまり小難しいお話は避けたいと思います。

Googleはこうやって掲載順位を決めている
被リンク(自サイト以外のサイトから自サイトへ貼られたリンク)の時代は終わりを迎えるような話も出ていますが、SEO対策の外部施策であるこの被リンクは、まだまだ検索順位決定において大きなウエイトを占めています。
しかし、GoogleやYahoo!のような検索エンジンは、すべての被リンクを評価するわけではありません。

基本的に被リンクというものは、自分以外のサイトが自サイトを紹介してくれるという形で貼られるものです。
経験がある方も多いと思いますが、ブログなどからおすすめの飲食店のホームページにリンクを貼ったり、おもしろいサイトを発見したときにリンクを貼って紹介する… こういう形のものがごく自然なものだと思います。

だからこそGoogleはここに目をつけて、「他者が紹介(リンク)するサイトは良いサイトなはずだよね」という風にサイトを評価(=掲載順位を上げる)していったわけです。

Googleがどうやって検索順位を決めているか 例1
Googleがどうやって検索順位を決めているか 例2
リンクスパムが大暴れ
しかし、これを利用する人たちや会社が出てきました。
いわゆる、ユーザーのことを考えずに自作自演で被リンクを貼り、検索エンジンを欺(あざむ)いて掲載順位を上げる行為です。

具体的には、システムを使ったり、ユーザーにとって有益でないサイトを量産してどんどんリンクを増やしていきました。
リンクスパムというものですね。

こういったものを一部のSEO会社がバンバンやっていました。
今と比べて検索エンジンの精度も高くなく、実際に効果があったのも事実です。
また、ライバルがやっている以上やらざる得ない状況で、仕方なくやっている方も多かったのではないでしょうか。

不自然なリンクを受けているサイトが駆逐される
そして数年後の今年、ペンギンアップデート勃発です。
不自然にリンクが貼られたサイトの多くが、Googleによって軒並み圏外に飛ばされたのです。

『リンクの否認』ツールはこういうときに使う
対策方法として、不自然なリンクすべてを外して、Googleに再申請をするわけですが、SEO会社等に依頼していた場合、自分ではこの不自然なリンクを外すことはできません。

今度は、リンクを貼ってくれたSEO会社にリンクを外してくれるように依頼しなければいけないのですが、SEO会社がすでにいなくなってしまっていたりすると、八方塞がりになってしまうわけです。

そこで満を持してこの『リンクの否認』ツールの登場です。
不自然なリンクをまとめて無効化してくれるようにGoogleに依頼することができるようになったというわけです。

しかし、このツールは慎重に使わないと効果のある被リンクまで無効化させてしまう可能性が大いにあります。

Googleもアナウンスしていますが、ウェブマスターツールに不自然なリンクに関するメッセージが届いていない場合は、このツールを使う必要はありません。
つまり、ほとんどのサイトで使う必要がありません。

2012年はSEO大事件ばかり
ペンギンアップデートにパンダアップデート、今回のリンク否認ツール… 今年はSEO業界が騒然としています。
2012年は、大きな過渡期なのかもしれないですね。

継続は力なり。やはりこういうサイトは強い
結局は、場当たり的なSEO対策ではなくて、コツコツと地道に良質なコンテンツを増やしたり、適切な内部対策をし続けているサイトは強いですね。
長年コツコツというのはなかなか真似できません。
すぐに対策できない対策は、やっぱり評価されますね。

では今日のまとめです。

今日のまとめ
Googleウェブマスターツールに不自然なリンクの警告が届いた場合、その不自然なリンクをすべて外す必要があります。

どうしても外せないリンクは『リンクの否認』ツールによって無効化させることができますが、充分に注意して使用しましょう。

やはり、検索エンジンではなくてユーザーのことを考えているサイトは強いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


This entry was posted in SEO, ウェブマスターツール, 外部対策SEO and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>