パーソナライズ検索を無効にする方法(Google Chrome編)

この記事を読むのに必要な時間:01分07秒

Googleの掲載順位は人それぞれ違います。

Googleは、パーソナライズ検索と言って、ユーザーの過去の検索に基づき、ユーザー毎に検索結果を変えています。

やっと1位表示された!と喜んでいたら、実は全然違う順位だった… なんてことがよくあるのです。

検索順位がすべてではありませんが、Webマーケティングを行うにあたって、正確な順位は知っておいたほうがいいと思います。

では、このパーソナライズ検索を無効にする方法です。

まずは、Google Chromeの設定画面。


次は検索エンジンの管理。



赤枠内のピンク地の部分ですが、左から「新しい検索エンジンを追加」「キーワード」「検索キーワードの代わりに%sを含むURL」となっているので、そこへ下記のように…

「新しい検索エンジンを追加」 → 任意のワード(Googleパーソナライズ検索無効化なのでGoogleパーソナライズ無効などなんでもOKです。)
「キーワード」 → ここも任意(GPとかなんでもいいと思います。)


最後に、「検索キーワードの代わりに%sを含むURL」
ここに今回は、下記のURLを入れます。

Googleパーソナライズ検索を無効化
{google:baseURL}search?{google:RLZ}{google:acceptedSuggestion}{google:originalQueryForSuggestion}sourceid=chrome&ie={inputEncoding}&q=%s&pws=0


OKで終了。
「キーワード」で設定したワードを入力し、スペースボタンを押すと… 検索窓が下記のように表示されるので、ここに検索キーワードを入れれば、パーソナライズ検索が無効となった検索結果が出てくるわけです。


これでもう検索結果に惑わされることがなくなります。


今回も最後までありがとうございます!


This entry was posted in Google Chrome, SEO, その他, 便利ツール, 便利ツール and tagged , , . Bookmark the permalink.

One Response to パーソナライズ検索を無効にする方法(Google Chrome編)

  1. Pingback: 第101号スマートなイケてるリス男の条件「目利き力」!インハウスリスティング広告担当者に1番必要なことは「プロセスの重みづけ」を明らかにすること の巻 記事×15まとめニュース | 日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>