Googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認する方法

この記事を読むのに必要な時間:00分37秒

2013年8月9日、Googleはウェブマスターツールにて、”Googleの手動によるペナルティ”が実施されているかどうかを確認できる機能、「手動対策ビューア」を公開しました。すでに日本でもリリースされています。

Googleが不正なSEOをしたWebサイトに与えるペナルティについては前回お話ししました。
Googleが違反したWebサイトに与える2つのペナルティとは? >>

手動対策ビューアの使い方
手動によるペナルティの確認をするために、Googleウェブマスターツールに登録していることが前提となります。
Googleウェブマスターツールとは? >>

ウェブマスターツールにログイン後、左のメニューの「検索トラフィック」→「手動による対策」と進みます。

Googleウェブマスターツールで手動対策ビューアを確認する手順
ほとんどの方が、下の画像ように「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示されていると思います。
つまり、不正なSEOを理由とした、インデックス削除や検索結果への影響はないということです。

Googleウェブマスターツールで手動のペナルティが与えられていない状態の表示

Googleによると、ペナルティを与えられ、手動でインデックス削除されるドメインは全体の2%未満だそうです。

手動によるペナルティが実施されると…
実際にペネナルティを課せられると、このような通知が届くようです。

Googleウェブマスターツールで手動によるペネナルティを課せられた際の通知一例

見たところ、いくつかパターンがありそうですが、結構細かい指摘をしてくれるみたいですね。


前回もお話ししましたが、まっとうなSEOをしている限り、このような警告がくることはないので安心してください。


今日は、以上です。
ありがとうございます!


This entry was posted in Google, SEO, Webの知識, ウェブマスターツール, 便利ツール and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>