「検索の仕組み」とは?Googleが検索結果を出す方法

この記事を読むのに必要な時間:01分55秒

4月になり、新たにWeb担当者になった方や、Web系の企業に入社した方も多いのではないでしょうか?

そこで、Googleが、新ウェブマスターや新たにサイト運営について学びたいという方に向けて、Googleと相性の良いサイトを作るために役立つ5つの最新情報を紹介しています。

Googleが好むサイトを作るために役立つ5つの最新情報

1. 「検索の仕組み」について
2. 携帯端末に最適化されたウェブサイトの構築方法ついて
3. 「検索エンジン最適化(SEO)クイックチェックシート」
4. ウェブマスター アカデミー
5. Google+での情報発信の拡大について


Googleが「検索の仕組み」についてのサイトをオープン
この中で、今日お伝えするのは、1の「検索の仕組み」についてです。



Googleは、毎日、数十億を超える検索に対し、一瞬で結果を出します。この間、なんと0.5秒!

今回、このGoogleの「検索の仕組み」が、
・クロールとインデックス
・アルゴリズム
・スパム対策
・ポリシー
この4つの項目別に動画などを使って、とてもわかりやすく説明されています。

クロールとインデックス
クロールとは、「Googlebot」のようなクローラーが自動的にWebページを収集する作業のことです。

インデックスとは、WebページがGoogleなどの検索エンジンに登録されることです。

今や数兆ページにもなる膨大な数のWebページからGoogleは、どのように検索結果を表示させているのかについて書かれています。

アルゴリズム
アルゴリズムとは、Googleが検索する人に適切な検索結果を出すために定めているルールのようなものです。

検索者が求めている情報をより早く提供するためにGoogle検索エンジンがどうやって進化しているのかについて説明されています。

スパム対策
ここで言うスパムとは、Googleが推奨していない、というよりも禁止している方法で検索結果の上位に表示させようとすることです。

この項目は、こういうことはやってはいけません!というさまざまなスパムなどについての説明です。

ポリシー
ここでは、ユーザーを第一に考えたGoogleの方針について書かれています。


個人的には、アルゴリズムの項目内にある動画が、とても興味深くおもしろい内容でした。
Google検索エンジンの進化を時系列的にさまざまなエンジニアの方が説明してくれます。


YouTubeの動画に字幕をつける方法はこちら >>

この動画を観ると、「検索する人が求めている情報を早く、そして確実に届ける」
Googleが、ここに向かって一丸となって進んでいるのがよくわかります。

Webマーケティングを行うにあたって、Googleの検索エンジンは切っても切り離せません。
新Web担当者の方も、そうでない方も一度、目を通してみてはいかがでしょうか?

「検索の仕組み」サイトはこちら >>

新年度からウェブマスターになった方へ贈る『知っておきたい Google検索5つの最新情報』はこちら >>

いつもありがとうございます!


This entry was posted in Google, SEO. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>