SEOとLPOの違いとは?SEOとLPOどっちをやるべき?

この記事を読むのに必要な時間:02分13秒

今日は、SEOとLPOのお話しです。

SEOとは…
Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)、検索エンジン最適化のことです。

例えば、『ダイエットサプリ』をホームページで売りたいとします。
そこで、検索する人が『ダイエットサプリ 通販』などと検索したときに、自分のホームページが検索結果の上位に表示されるようにさまざまな対策をすることです。

LPOとは…
Landing Page Optimization(ランディング・ページ・オプティマイゼーション)、ランディングページの最適化のこと。

ランディングページとは、「ランディング=着地する」、つまり、SEOや、リスティング広告において、お客さまがクリックした後に最初にたどり着くページ。

サイト運営者にとっては、お客さまに購入や申込みなどの行動をとってもらいたいページ。つまり、お客さまの行動率=成約率を上げるためにさまざまな対策をすることです。

ざっくり言うと…
SEO = アクセスを増やす
LPO = コンバージョン率を上げる

こんな感じです。


タイトルには、SEOとLPOどっちをやるべき?とありますが、こっちの方が大事!なんて決められるわけもなく、そんな議論は無駄無駄無駄無駄ァーだとは思うのですが…

LPのコンバージョン率を大幅に上げるのは大変
LP(ランディングページ)のコンバージョン率(成約率)を大幅に上げるのって結構大変です。

もちろん、これはLPの状態によって大きく変わります。
テキストだけのLPからデザイン性を加味すれば、コンバージョン率は大幅に上がる可能性はあります。

しかし、ある程度できあがったLP(曖昧な表現ですが…)のコンバージョン率を2倍にするとかは、なかなか難しいと思います。

例えば、毎月平均10個Webサイトから売れているとします。
そこで、申込みボタンの色を赤から緑に変えたからといって、急に20個売れるようになるというのは、レアなケースですよね。

LPOで陥りがちなこと
特にデザイナー気質の強い方が陥りやすいのですが、LPOばかりに気を取られてしまい、SEOをおろそかにしてしまうのです。

気持ちはすごくわかります。
このキャッチコピーをこう変えたらいいんじゃないか?この画像の位置を…、ボタンの色を… LPOはクリエイティブで、視覚的にすぐに変化するので、確かに楽しく感じるかもしれません。

しかし、本来の目的を見失ってはダメです。
いくらサイトを変えても、人に見られることがなければ、自己満足で終わってしまいます。

SEOって地味な作業
LPOに対し、SEOはかなり地味な作業になります。

方法はいくつかありますが、記事(コンテンツ)を作成する作業がメインになります。しかも、検索する人が求めている情報をどんどん追加していくとなると、これはもう大変な作業です。

LPOと違って、目に見えて変化が表れるわけではないので、モチベーションを維持する苦労もひとしお。

でも…
こういう他の人がなかなか続けられないことをやるからこそ大きな成果につながるのです。

SEOで成果が出たらLPOを
SEOの成果が出始め、アクセス数が増えてからの方が、LPOのやりがいもあるってもんです。

例えば、アクセス数が100でコンバージョン率1%の場合、成約数は1です。
これでコンバージョン率が倍、つまり2%になったとしても成約数は2です。

では今度は、SEOで成果が出て、アクセス数が1000になったとします。
コンバージョン率1%で成約数は10になります。この状態からコンバージョン率を1.5%にすると成約数は15にもなります。

コンバージョン率を2倍にするよりも1.5倍にするほうが簡単です。
さらにアクセス数が増えると… そうです。アクセス数があればあるほど、コンバージョン率の影響がハンパないのです。

もちろんLPOもスゴく大事です。
危険なのは、サイトをいじっていることで、なんとなく仕事している気になってしまうことです。

SEOは、すぐに結果が出なくてつらい作業かもしれません。
でも継続すれば成果が出ますよ。


今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


This entry was posted in LPO, SEO, Webマーケティング全般. Bookmark the permalink.

2 Responses to SEOとLPOの違いとは?SEOとLPOどっちをやるべき?

  1. ヤスさん、SEOって地味な作業なんですね!気を入れて頑張ります!
    いつもありがとうございます!

  2. akagami says:

    シンさん
    大事なのは行動と継続です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>