Webページの読み込み速度(表示速度)を測定する方法

この記事を読むのに必要な時間:02分58秒

早く次のページを見たいのに、Webサイトの読み込み速度(表示速度)が遅くてイライラした経験ってありませんか?

あなたが感じているこのイライラ、実は、あなたのお客さまがあなたのサイトに感じているのかもしれません。

せっかく時間をかけて良いサイトを作ったのに、読み込み速度が遅いがために離脱され、他のサイトへ行ってしまう… これは大問題です。

SEOよりもユーザビリティを考慮して対策する。
「検索エンジンを対策する前に、まずは、お客さまに目を向けましょう。」と、このブログでも何度かお伝えしていますが、今回の問題も例外ではなく、Webページの読み込み時間がランキングに影響する問題よりも「読み込み速度が遅いがために離脱され、他のWebサイトへ行ってしまう…」この問題のほうがはるかに大きな問題です。

読み込み速度を改善しただけで上位表示は期待できませんが、ユーザビリティの向上にはかなりの効果があるはずです。

Webページの読み込み速度を改善するメリット
読み込み速度を改善すると、ユーザビリティの向上に加えて、以下のようなメリットが考えられます。

Webページの読み込み速度を改善するメリット
・ユーザビリティの向上
・離脱率、直帰率の低下を防げる。
・コンバージョン率(成約率)の低下を防げる。
・検索順位の上位表示にプラスになるかもしれない。(マイナスにならないかもしれないの方が合ってるかも…)


ユーザーの満足度が上がれば、成約に繋がる可能性も上がるわけですね。
というよりも、読み込み速度が問題で閲覧されないのであれば、スタートラインにも立てないですね…。

Webページの読み込み速度(表示速度)を確認する方法
ですので、ページの読み込み時間は、重要なポイントになるわけです。

まずは、自分のWebサイトの読み込み速度がどれくらいなのかを把握しましょう。

読み込み速度を確認する方法はいくつかありますが、今回は2つの方法をご紹介します。

ツールを使って計測する方法
まずは、ツールを使って計測する方法です。

そのツールは、『GTmetrix』。
インストールや登録なしでWeb上で読み込み速度を確認できるすぐれものです。

英語のサイトですが、シンプルなツールですので困ることはないと思います。

GTmetrixのインターフェイス

使い方は、URLを入力して「GO」をクリックするだけです。

GTmetrixの利用方法 その1

チェックしたいWebサイトのサムネイルが表示され、いかにも調査してます!的にスキャナーが上下するUX(ユーザーエクスペリエンス)がいい感じです。

GTmetrixの利用方法 その2

こんな感じで結果が出ます。

GTmetrixの測定結果

この下に測定結果のレポートがズラリと出るのですが、今回は読み込み速度の部分だけ説明します。

1. Page Speed Grade
これは、Googleが提供する表示速度計測ツール「Page Speed」での評価です。
数値が高い方が読み込みが速く、アルファベットはAが最高評価、Fが最低評価となります。

2. YSlow Grade
こちらは、Yahoo!が提供する表示速度計測ツール「YSlow」での評価。
詳細は、上記のPage Speed Gradeと同じです。

3. Page load time
指定したページの読み込みに要した時間です。

4. Download PDF
測定結果をPDFとしてダウンロードすることもできます。

このブログを計測した結果、Google、Yahoo!での評価は悪くないにしても、読み込み時間に関しては、8.94秒と改善の余地ありまくりですね…。

ただし、これらの評価は、諸条件によって変動しますので、あくまでも目安として考えてください。

Webページの読み込み速度を計測できる GTmetrix はこちら >>

Googleアナリティクスを使った確認方法
Googleアナリティクスでも読み込み速度を確認することができます。

左のメニューから「コンテンツ」→「サイトの速度」→「サマリー」もしくは、「ページ速度」と進みます。
※「レポート全体を見る」でより詳細なデータを見ることができます。

「サマリー」では、サンプルとしてチョイスされた数ページの平均表示時間やブラウザ別の平均表示時間などが確認できます。

Googleアナリティクスでページの表示速度を確認する方法。サマリー編

「ページ速度」では、各ページごとの平均表示時間などが確認できます。

Googleアナリティクスでページの表示速度を確認する方法。ページ速度編

こちらもどれくらいの精度での計測かわかりませんので、あくまでも参考程度として考えましょう。

Webページの読み込み時間による影響
Googleの調査によると、Webページの読み込みが0.5秒遅くなると検索数が20%減少する。

Amazonの調査によると、Webページの読み込みが0.1秒遅くなると売り上げが1%減少する。

こんなデータも出ているようですが、実際に、Webページの読み込み時間がどれほどWebサイトに影響するかは細かく調査しないとわかりません。しかし、表示速度が速くなることによるデメリットはないと思いますので、まずは、自分のWebサイトの現状を把握しておきましょう。

そして次回は、このページの読み込み時間を改善する方法についてお話ししたいと思います。

実は、このブログもこの方法で改善するまでは、表示時間15秒超えだったのです…。
それでは、次回をお楽しみに!

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


This entry was posted in SEO, Webサイト制作, 便利ツール, 内部対策SEO. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>