wwwありとwwwなしの違いと対処方法。知らないと痛い目に!?

この記事を読むのに必要な時間:00分58秒

今日は、URLにつくwwwの話です。

みなさんの運営サイトは、wwwをつけて運用していますか?
あまり気にしてない方も多いかもしれませんが、結構大事です。

人の目には、wwwありでもwwwなしでもどちらも同じように閲覧できます。しかし、検索エンジン(クローラー)は、別のサイトとしてインデックス(認識)してしまうかもしれません。

wwwありとなしでインデックスされているかどうかの確認方法
wwwありとwwwなしの確認方法の手順
検索窓にwwwありとなし両方のURLで検索してみて、どちらもインデックスされているようでしたら要注意です。
重複コンテンツと判断されてしまうリスクがあります。
また、被リンクも両URLに分散されてしまっている可能性があります。


wwwありとwwwなしの仕組みのイラスト
両URLがインデックスされていた場合の対処方法
ではどうすれば良いのか?
wwwあり、もしくは、wwwなしのどちらかに統一させます。

そもそもサーバー側でwwwなし(wwwあり)のURLにアクセスした場合、wwwあり(wwwなし)のURLへリダイレクト(転送)する… という設定をしてくれているケースもあるのですが、基本は自分で対応しないといけません。
その場合の対処方法がこちらです。
ドメインの移転で使う301リダイレクトを利用します。

wwwあり に統一

--ここから--
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^abc\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.abc.com/$1 [R=301,L]
--ここまで--
※abc.comの部分を対象URLに入れ替えてください。

wwwなし に統一

--ここから--
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.abc\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://abc.com/$1 [R=301,L]
--ここまで--
※abc.comの部分を対象URLに入れ替えてください。

※.htacessを使った301リダイレクトの設定方法はこちら

設定後は目視での確認を忘れずに
設定後に必ず目視できちんとリダイレクトされているかどうか(wwwありなしどちらかでアクセスして設定したURLに転送されるかどうか)確認してください。
サーバーによっては、記述内容が上記の記述ではエラーが出てしまうことがありますので、そのときはサーバー会社に問い合わせると教えてくれるはずです。

本来は、運用前にwwwありなしを決めておくべきですが、こういう方法で統一することもできますので試してみてください。

今日のまとめ
運営サイトのURL、wwwありとなし両方で表示されている場合は要注意です。
検索エンジンが別のサイトとして認識している可能性があります。
301リダイレクトを使ってどちらかに統一しましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


This entry was posted in SEO, リダイレクト関係, 外部対策SEO and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>