Tag Archives: 裏ワザ

Google Chromeでフォント表示がおかしいときの対処方法

この記事を読むのに必要な時間:00分50秒

先日、自分で作ったWebサイトを見ていたら、なんとなく違和感を感じたんです。

よく見ると、cssでフォントを指定しているのにも関わらず、Google Chromeでの表示フォントが “MS P ゴシック” になっていました。

数日前まではちゃんと指定したフォントで表示されていたのですが…

IEやFirefox、他のパソコンではこの現象は起きていないので、Google Chromeの問題なのは間違いありません。

そこで、まずは、アンインストール → 再インストールを試してみたのですが、まったく改善されませんでした。

まあ、僕のパソコンだけですし、そのうち慣れるかなぁ… と、ほんの一瞬は思ったのですが、やっぱり気になって気になってしょうがありません。

パワープレイでChromeのフォント設定を変えちゃえばいいかとも思ったのですが、根本的な解決になっていないし、なによりスマートな解決方法じゃないよなぁと途方に暮れながら、ネットで解決方法を模索していると… ありました!

試験運用版の DirectWrite フォント レンダリング システム??
どうやら、「試験運用版の DirectWrite フォント レンダリング システム」に問題があるようです。なんのことかさっぱり…

まずは、Google Chromeのアドレスバーに
chrome://flags/
と入力します。

Google Chromeの「これらの試験運用版は問題が発生する可能性があるため、ご利用の際には十分ご注意ください」のページを出す方法

すると、「これらの試験運用版は問題が発生する可能性があるため、ご利用の際には十分ご注意ください」と、なにやらあやしげなサイトが表示されます。

「これらの試験運用版は問題が発生する可能性があるため、ご利用の際には十分ご注意ください」のページ

このページの上の方に、「DirectWrite を無効にする Windows」とあるので、「有効にする」をクリックします。



ページの下の方に、「今すぐ再起動」というボタンがあるのでクリック。


これで、バッチリ直りました。

同じような症状が出た方は、是非試してください。あっさり解決できました。

今日のBGM
FACT の miles away


変調が多様で繰り返しが少ない音楽的特徴を持つ日本のバンド。能面で素顔を隠して活動している時期もありました。



僕はマスク系にめっぽう弱いので、このビジュアルにゾクゾクしまくりです。

最近はこの曲ばっか聞いてます。大好き!

はじめて聴いて衝撃を受けた曲も貼っておきます。能面FACT。
今日のBGM2
FACT の a fact of life



今日は以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google Chrome | Tagged , | Leave a comment

著作権フリーや商用利用可能な画像を簡単に探す方法

この記事を読むのに必要な時間:00分50秒

ブログやWebサイト制作で画像を使うことが多々あると思いますが、この画像探しって結構時間がかかってしまうんですよね。

特に、著作権フリーの画像を探すときなどは、ハマってしまうと本当に見つかりません。

Googleの画像検索オプション
実は、この悩みを解決してくれるのがGoogleの画像検索オプションなんです。

例えば、Googleで「赤髪」で画像検索するとこんな感じでたくさんの画像がヒットします。

Googleで赤髪と画像検索したときの結果
しかし、この中のどれが著作権フリーなのかわかりません。そこで、検索結果画面の右上の「歯車マーク」 → 「検索オプション」と進みます。

Googleで画像検索オプションを使う方法 その1

すると… 画像検索オプションとなり、さまざまなフィルタリングをかけることができるようになります。

Googleで画像検索オプションを使う方法 その2

著作権のフィルタリングは、「ライセンス」の項目から選択できます。

Googleで画像検索オプションを使う方法 その3

使用目的に沿った選択肢を選べば、このように結果が変わります。

Googleでライセンスにフィルタリングをかけて赤髪と画像検索したときの結果
他にも、画像サイズや色、地域などさまざまなフィルタリングをかけることができ、とても便利です。

注意点
ただし、実際のライセンスの有無は、Googleが保証するものではありませんので、やはり使用に際しては確認が必要になります。

※Googleから一部引用
検索したコンテンツを再利用する前に、ライセンスが正当であることと、再利用に関する規約をご確認ください。…Google では、ライセンスのラベルが正当であるかの確認は行っていません。したがって、コンテンツが実際にまたは法的にライセンスの下で提供されていることを保証するものではありません。


ただ、それでもこの機能があるかないかでは大きな時間の短縮になります。

僕は、まず著作権フリーの画像を提供してくれているサイトをチェックし、それでも理想の画像が見つからないときに補助的に使用しています。

“顔だけ”や”アニメだけ”など画像の種類や色のフィルタリングを使うことで、通常の画像検索の精度も大幅にアップするのでとても便利ですよ。


今日のBGM
BRAHMAN の 霹靂


この曲をはじめて聴いたとき鳥肌が立ちました。((;゚Д゚))

BRAHMAN(ブラフマン)との出会いは、1998年に遡ります。Air Jam98′での僕のお目当てはハイスタではなく、サブステージで演っていたこのBRAHMAN。

当時は、ハイスタ以上に好きだったBRAHMANですが、ファースト以降どハマりすることはありませんでした。しかし、この曲は十数年振りに衝撃を受けましたよ。

↓↓Air Jam98′の動画も貼っておきます。若い!
今日のBGM2
BRAHMAN の Answer For…



今日は以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google, Webの知識, Webサイト制作, その他, 便利ツール | Tagged , , | Leave a comment

YouTubeの動画を倍速やスローで再生する方法

この記事を読むのに必要な時間:00分50秒

今回は、YouTubeの動画を倍速再生やスロー再生する方法です。

僕もよくYouTubeの動画セミナーやノウハウ動画をチェックするのですが、忙しいときなど倍速再生がかなり役立ちます。
スロー再生に関しては、僕はあまり使いませんが、速い動画を検証したいときなどいろいろ活用できそうです。

それでは、説明に入ります。

YouTubeを倍速・スロー再生するためには、まず、HTML5対応ブラウザが必要になります。

HTML5対応ブラウザ
Firefox 4
Google Chrome
Opera 10.6 以上
Apple Safari
Internet Explorer 9
Google Chrome Frame がインストール済みの Microsoft Internet Explorer 6、7、8


HTML5対応ブラウザを入手したら、あとは簡単。
方法はふたつあります。

ひとつは、動画URLの末尾に「&html5=True」をつけるだけ。


http://www.youtube.com/watch?v=azo5AIAqsqs&html5=True

すると…

YouTubeの動画を倍速やスローで再生する方法
このように、再生速度が『2倍・1.5倍・標準・0.5倍・0.25倍』と選択できるようになります。

ふたつめの方法は、YouTube HTML5 動画プレーヤーで「HTML5プレーヤーをリクエストする」をクリックします。

YouTubeで倍速やスローで再生するための設定
先ほどと同じように再生速度が選択可能になります。

広告が出るタイプのものなど、動画によってできるものとできないものがあるようですが、とても便利なので是非試してみてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!


Posted in その他, 便利ツール | Tagged , , , | 4 Comments

パーソナライズ検索を無効にする方法(Google Chrome編)

この記事を読むのに必要な時間:01分07秒

Googleの掲載順位は人それぞれ違います。

Googleは、パーソナライズ検索と言って、ユーザーの過去の検索に基づき、ユーザー毎に検索結果を変えています。

やっと1位表示された!と喜んでいたら、実は全然違う順位だった… なんてことがよくあるのです。

検索順位がすべてではありませんが、Webマーケティングを行うにあたって、正確な順位は知っておいたほうがいいと思います。

では、このパーソナライズ検索を無効にする方法です。

まずは、Google Chromeの設定画面。


次は検索エンジンの管理。



赤枠内のピンク地の部分ですが、左から「新しい検索エンジンを追加」「キーワード」「検索キーワードの代わりに%sを含むURL」となっているので、そこへ下記のように…

「新しい検索エンジンを追加」 → 任意のワード(Googleパーソナライズ検索無効化なのでGoogleパーソナライズ無効などなんでもOKです。)
「キーワード」 → ここも任意(GPとかなんでもいいと思います。)


最後に、「検索キーワードの代わりに%sを含むURL」
ここに今回は、下記のURLを入れます。

Googleパーソナライズ検索を無効化
{google:baseURL}search?{google:RLZ}{google:acceptedSuggestion}{google:originalQueryForSuggestion}sourceid=chrome&ie={inputEncoding}&q=%s&pws=0


OKで終了。
「キーワード」で設定したワードを入力し、スペースボタンを押すと… 検索窓が下記のように表示されるので、ここに検索キーワードを入れれば、パーソナライズ検索が無効となった検索結果が出てくるわけです。


これでもう検索結果に惑わされることがなくなります。


今回も最後までありがとうございます!


Posted in Google Chrome, SEO, その他, 便利ツール, 便利ツール | Tagged , , | 1 Comment

amazon(アマゾン)の検索を一瞬でする方法

この記事を読むのに必要な時間:01分05秒

アマゾンで本とか買いたいなと思ったとき、ほとんどの方は検索エンジンでアマゾンと検索してアマゾンのサイトを出すか、もしくは、ブックマークしておいたアマゾンのサイトを呼び出すか… 僕はかなりせっかちなのでこの時間がもったいないなって思ったりするんです。

そんなとき、この方法を知って飛びつきました!
Google Chromeの検索窓でいきなりアマゾンの商品を検索できるのです。

まずは、Google Chromeの設定画面に進みます。


次は検索エンジンの管理です。


赤枠内のピンク地の部分ですが、左から「新しい検索エンジンを追加」「キーワード」「検索キーワードの代わりに%sを含むURL」となっているので、そこへ下記のように…

「新しい検索エンジンを追加」 → 任意のワード(アマゾン検索補助なのでアマゾンで良いと思います。)
「キーワード」 → ここも任意(あとでわかりますが、aでもamでもなんでもOKですが、なるべく短くわかりやすほうがベターです。ここではアマゾンなのでamとしておきます。)


最後に、「検索キーワードの代わりに%sを含むURL」
ここがポイントです。下記の長~いURLをブチ込みましょう。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%s&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%s&x=0&Ay=0


OKを押して終了。設定はこれだけです。
※ちなみに、入力中に欄外をクリックしてしまうと全部消えてしまいます。

では、実際に検索してみましょう!

先ほどの「キーワード」で設定したワードを入力し、スペースボタンを押すと… 下記のように、いきなりアマゾンの検索が可能になります。
「a」と設定したのなら「a」+スペース… というわけです。


実は、これいろいろなサイトで応用できるのです。
例えば…

楽天
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%s/-/

Google100位表示
http://www.google.co.jp/search?as_q=%s&complete=0&num=100

Yahoo!
http://search.yahoo.co.jp/search?ei={inputEncoding}&fr=crmas&p=%s


結構便利ですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


Posted in Google Chrome, その他, 便利ツール | Tagged , | Leave a comment