Tag Archives: Googleアドワーズ

リスティング広告、勝手に難しいと思っていませんか?

この記事を読むのに必要な時間:03分57秒

リスティング広告(PPC広告)は、GoogleやYahooに掲載できる広告ですが、勝手に難しいものだとハードルを上げていませんか?

自分なんかがGoogleやYahooに広告を出せるわけないと決めつけていませんか?

今日は、そんな方にリスティング広告って実はそれほどハードル高くないんですよという3つの理由をご紹介したいと思います。

念のため…

リスティング広告とは…
PPC広告などとも呼ばれ、GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告が代表的です。
GoogleやYahooなどの検索結果や関連したニュースサイト、ブログなどに広告を出すことができます。

リスティング広告についてもっと知りたい方はこちらへ >>

理由1. ジャンルを問わずに広告が出せる
もうだいぶ熱が冷めてきた話題ではありますが、「リスティング広告は誰でも簡単に出稿できる広告」ということがよくわかるおもしろい事例が2つあるのでご紹介します。

Googleアドワーズで恋人募集!?
ネタっぽい話ですが、Yahoo!ニュースにも取り上げられたとかでちょっと話題になりました。それは…

ある男子がGoogleアドワーズを利用して、「僕、彼女を募集しています」と恋人を募集したのです。

どんなキーワードで広告を出したのかはわかりませんが、おそらく、女性が「恋人募集」と検索したときの検索結果や若い女性が閲覧するコミュニティサイトなどに、「僕、彼女を募集しています」という広告を出したのだと思います。(リスティング広告は、広告を出したいターゲットを絞ることができるので、若い女性だけに広告を出すといったことが可能なのです。)
Googleはサイトの閲覧履歴や検索から性別や年齢を把握している >>

その後どうなったのかというと、実際に5人の女性から応募 → 一番最初に応募してくれた女性とデート → 同棲… そして、なんと1年後に入籍したそうです。

それにしても、出会い系の掲示板とかじゃなく、Googleで彼女が募集できるなんてスゴい!

Googleアドワーズで念願の企業に入社した男
もうひとつは、リスティング広告を使って希望の企業に入社した海外の方の話しです。

この方は、お目当ての広告会社に入社するためにGoogleアドワーズとエゴサーチを利用しました。

エゴサーチとは…
自分の本名やサイト名で検索して自身の評価を確認する行為のことです。


なんと彼は、エゴサーチは有名人ほど行う傾向があることを利用し、5人の大物広告会社ディレクターが自分の名前を検索した際、こんな広告を出すようにしたのです。

大物広告会社ディレクター向けて出した実際のGoogleアドワーズ広告

Hey, lan Reichenthal
Gooogling yourself is a lot of fun. Hiring me is fun, too.
(ヘイ!イアン!Googleで自分を検索するのも面白いかもしれないけど、僕を雇っても面白いよ!)


大物であるが故か、このディレクター5人全員が、エゴサーチで自分の名前を検索したそうです。笑

結果、見事にその中のひとりのディレクターが在籍する企業に入社したとか。

彼がこの広告に使った費用は6ドル。
たった6ドルで、普通ではコンタクトをとれないような大物に直接アピールすることに成功したのです。

もちろん最適化は大事ですが、GoogleやYahooに広告を掲載するからといって、完璧なサイトである必要なんてなく、ブログ形式のサイトやテキストだけのサイトでもまったく問題ありません。

また、これらの事例からわかるように、必ずしも商品やサービスである必要はないのです。

理由2. サポートが充実している
リスティング広告は、管理画面に専門用語がバシバシ出てくるので、確かにとっつきにくい部分はあるのですが、GoogleアドワーズもYahoo!プロモーション広告のどちらもサポートが充実しています。

サポートはメールでも電話でも受け付けているのですが、断然電話がおすすめです。

GoogleもYahooも細かい設定まで詳しく丁寧に教えてくれます。もちろん無料でです。

先日もリマーケティング広告が発動しなくて連絡したのですが、「なにかエラーが出てますね。僕が今日中に調べて連絡します!」こんな感じでしたよ。

こんなのひと昔前までは考えられませんでした。
僕もこの業界に入るまでは、「Google先生に電話するなんてとんでもねーことだ!」なんて思っていましたが、Google、Yahooのどちらも解決するまで親身になって面倒を見てくれます。

中には、「ホントにGoogleの人?」ってくらいフレンドリーな方もいて楽しいですよ。

ネットの情報で解決できることも多いですが、リスティング広告は日進月歩。情報が古いことが多々あるので、GoogleやYahooに直接聞いた方が早いし確実です。

理由3. 最適化していないライバルが多い
ここ最近、リスティング広告を取り組む企業や個人の方がかなり増えました。

そのため、一見ライバルが増えたように感じるのですが、実際のところ、しっかりと最適化して運用している方はそれほど多くなく、まだまだ入る余地はあると思います。

例えば、最適化の代表的なもののひとつにキーワードのタイトルインという施策があります。

これは、「ホームページ制作 横浜」というキーワードを登録した場合、広告文のタイトルにも「ホームページ制作 横浜」を入れるという簡単にできる施策なのですが、これができていない広告がいまだに結構あるのです。

気軽にはじめられるので、とりあえずやってみようというスタンスの方が増えたのはとてもいいことだと思いますが、よくわからずに放置している方も多いのでしょう。

ですので、運用開始後、少しずつ手を加えていくだけでも、まだまだ成果を出せるのではないかと思います。(ジャンルにもよります。)

今日のまとめ
リスティング広告、実はそんなにハードルが高くない3つの理由

1. ジャンルを問わずに広告が出せる
2. サポートが充実している
3. 最適化していないライバルが多い


そんなこんなでリスティング広告って、実はそんなにハードルが高くないんですよという理由を挙げてみました。

もちろん、すべてのジャンルにおいて成果を出せるわけではありません。リスティング広告に向いているジャンル、そうでないジャンルはありますが、何はともあれ、一歩を踏み出すことが大事。やってみてはじめてわかることもたくさんあるでしょう。

今だに思うのですが、GoogleやYahooに簡単に広告を出せるなんてやっぱりスゴいことだと思うんですよね。
みなさんにも是非試してもらいたいと思います。

今日のBGM
GUNS N’ROSES の It’s So Easy



僕が高校生の頃、大好きだったガンズのファーストアルバム「Appetite For Destruction」の2曲目に入っている名曲。イントロが印象的です。

リスティング広告は、簡単にはじめることができるよなんて気持ちで書いていたからか、気づいたら頭の中でヘビロテしてました。

僕の青春。


Posted in Googleアドワーズ, Yahoo!プロモーション広告, リスティング広告(PPC広告), 初心者向け | Tagged , , , | 1 Comment

Googleはサイトの閲覧履歴や検索から性別や年齢を把握している

この記事を読むのに必要な時間:01分07秒

Googleは、あなたの性別や年齢をかなり正確に把握しています。

試しに、こちらのページで確認してみてください。
https://www.google.com/settings/ads/onweb/?hl=ja
※クリックするとGoogleのページへ進みます。

ちなみにこれは僕の結果です。

Googleの広告設定のキャプチャ画面
Google+のアカウントを持っているので、バッチリ把握されています。

なぜGoogleは情報収集しているのか?
タイトルの通り、GoogleはWebサイトの閲覧履歴や検索からあなたの情報を予想しています。

では、なぜGoogleは、このような情報を集めているのでしょうか?

それは、あなたが興味のある広告を表示したいからです。

例えば、あなたが車関係のWebサイトを頻繁に閲覧していたら、Googleは、ニュースサイトやGmailなどに車に関連した広告を掲載します。美容整形のサイトや子育てママが集まるコミュニティサイトを頻繁に訪れていたら、Googleは、あなたを女性と判断し、女性向け、ママ向けの広告をバシバシ出してきます。

このように、Googleは、普段あなたが見ているWebサイトや検索したキーワードからあなたの情報を得て、あなたが興味のある広告を出しているのです。

Googleの収入源は広告費
普段、みなさんが利用している、Googleの検索エンジンやGmail、Googleマップなど、Googleのサービスは無料のものばかりです。

これ、当たり前のように無料で利用していますが、どれもこれもすごいシステムばかりですよね?もちろん、これらのサービスはGoogleが善意のみで提供しているわけではありません。

Googleの収入源は広告費です。このようなGoogleのサービスを無料で提供し続けるために、Googleは広告を最適化してユーザーにクリックしてもらわなければいけないというわけなのです。(Googleの広告は、基本的にクリック課金型広告ですので、ユーザーが広告をクリックすると、広告主はGoogleに広告費を支払います。)


リンク先ページの「興味・関心」の項目では、自分がいつもどんなジャンルのWebサイトを見ているのか確認できておもしろいですよ。

今日は、以上です。
ありがとうございました!


Posted in Google, Googleアドワーズ, リスティング広告(PPC広告), 初心者向け | Tagged , , , | 1 Comment

Googleアドワーズでアフィリエイトサイトの審査を通過させる方法

この記事を読むのに必要な時間:01分32秒

アフィリエイトサイトでリスティング広告を出す場合、いくつかの注意点があります。

その中でも大きなポイントとなるのが、Googleアドワーズでは、基本的にアフィリエイトサイトの広告を出すことができないという点です。

でも、誤解しないでください。
GoogleはアフィリエイトサイトすべてをNGとしているわけではなく、ブリッジページと呼ばれるものをNGとしていることです。

実際にGoogleの方も、「アフィリエイトサイトがダメなわけではありません。」と仰ってました。

ブリッジページとは…
コンテンツに独自性がなくアクセスしたユーザーを別のサイトへ誘導することを主な目的としたウェブページのこと。


アフィリエイトサイトは、基本的に以下のような仕組みになっています。

アフィリエイトの仕組み
つまり、Googleに言わせると、「商品Aを紹介して公式サイトに誘導するサイト」ってただ単にアクセスを右から左に流しているだけのブリッジページだから必要ないよね?ユーザーが直接「商品Aの公式サイト」を見た方が早いよね??じゃあ広告は出しちゃダメです。ということなのです。Googleは、ユーザーにとって有益でないサイトを検索結果に出したくないんですね。

ブリッジページを回避するには
では、どうすればGoogleアドワーズでアフィリサイトの広告を出せるのでしょうか?

Googleのヘルプページには、このように記載されています。

Googleのヘルプページに掲載しているブリッジページについての説明


つまり、レビュー、比較チャート、段階別評価、並べ替えやフィルタなどの独自コンテンツを用意する必要があるのです。

Googleアドワーズでアフィリサイトサイトの広告を出すには
こう見ると、Googleアドワーズでアフィリサイトの広告を出すには、とてもハードルが高いように感じるかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はなく、例えば、その商品を実際に体験して、そのコンテンツを載せるとかでも立派な独自コンテンツとなります。

実際に、当社でもこの方法でGoogleアドワーズでアフィリサイトの広告を出せていますので、審査が通らないとお悩みの方は、一度サイトのコンテンツを見直してみてください。

もしくは、比較的アフィリエイトサイトの広告が出しやすいYahoo!プロモーション広告で試してみるのもいいかもしれません。

Yahoo!プロモーション広告でアフィリサイトの広告を出す方法は、あらためてお話ししたいと思います。


それでは、今日は以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Googleアドワーズ, リスティング広告(PPC広告) | Tagged , | 1 Comment

リスティング広告のマッチタイプとは?どのマッチタイプがいいの?

この記事を読むのに必要な時間:01分43秒

GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告を運用するには、キーワードのマッチタイプを理解することがとても大事です。

マッチタイプとは…
登録したキーワードとユーザーが検索したキーワード(検索クエリ)がどの程度マッチ(合致)したときに広告を表示するのかを決定するものです。


例えば、キーワードを「母の日 サプライズ」と登録した場合、「母の日 サプライズ」と一語一句間違いなく検索されたときにだけ広告を表示させるのか、それとも「母の日 サプライズ」に関連するキーワードでの検索でも広告を表示させるのか選択できるのです。

マッチタイプの種類
このマッチタイプには、4つの種類が用意されています。

「母の日 サプライズ」という検索クエリ(実際にユーザーが検索したキーワード)を例に表示機会が多い順に説明していきます。

1. 部分一致
表示機会が一番多いのがこの部分一致。登録キーワードの類義語や関連性のある検索クエリに対しても広告が表示されます。

メリットとして、インプレッション数が増え、想定外のキーワードで検索するユーザーに訴求できますが、「父の日 サプライズ」のように関係のないユーザーにまで訴求してしまう可能性があり、無駄な広告費が増える傾向にあります。

・広告が出る検索クエリ例:母の日 サプライズ、サプライズ 母の日、母の日 プレゼント ランキング、母の日 プレゼント 花、母 サプライズ、父の日 サプライズ…

・広告が出ない検索クエリ例:想定外のキーワードでも広告が表示されるため一概に言えません。

・設定方法:母の日 サプライズ(そのまま登録)

2. 絞り込み部分一致
次に表示機会が多いのが、絞り込み部分一致。絞り込みたいキーワードの直前にプラス記号 (+) を追加することで、その指定したキーワードや類似パターンが検索された場合にだけ広告が表示されます。

部分一致は場合によっては、「母の日」というキーワードが入っていなくても、「父の日」のような関連性のあるキーワードで検索されたときでも広告が表示されることがあります。絞り込み部分一致は、この「母の日」をロックオンすることができるのです。

登録キーワード「+母の日 サプライズ」

・広告が出る検索クエリ例:母の日 サプライズ、サプライズ 母の日、父の日 母の日 サプライズ、母の日 サプライズ プレゼント、母の日 サプライズ プレゼント ランキング…

・広告が出ない検索クエリ例:サプライズ プレゼント、父の日 サプライズ、母 サプライズ…

・設定方法:+母の日 サプライズ(絞り込みたいキーワードの直前に+をつける)

3. フレーズ一致
検索クエリと登録キーワードが同じ語順で一致したときに広告が表示されるのがフレーズ一致です。(表記のゆれ※1などは含む)

「母の日 サプライズ」が固定され、「母の日 サプライズ ランキング」のように前後に他のキーワードが入っても広告は表示されますが、「母の日 おすすめ サプライズ」や「サプライズ 母の日」など、「母の日」と「サプライズ」の間にキーワードが入ったり、語順が入れ替わった場合、広告は表示されません。

・広告が出る検索クエリ例:母の日 サプライズ、父の日 母の日 サプライズ、母の日 サプライズ プレゼント、母の日 サプライズ プレゼント ランキング…

・広告が出ない検索クエリ例:サプライズ 母の日、母の日 父の日 サプライズ、母の日 プレゼント サプライズ…

・設定方法:“母の日 サプライズ”(キーワードをダブルクォーテーション”"で囲む)

4. 完全一致
表示機会が一番少ないのが、この完全一致です。検索クエリが、語順も含めた登録キーワードと完全に一致したときにだけ広告が表示されます。(表記のゆれなどは含む)

完全一致のメリットとしては、無駄な広告費を抑え、ピンポイントに訴求できることが挙げられますが、デメリットとして、インプレッション数(表示回数)が減り、想定外のユーザーに訴求できずに機会損失につながる可能性があります。

・広告が出る検索クエリ:母の日 サプライズ

・広告が出ない検索クエリ例:母の日 プレゼント、サプライズ 母の日…

・設定方法※2:[母の日 サプライズ](キーワードを角カッコ[]で囲む)


マッチタイプによる広告の表示機会を図にすると以下のようになります。

リスティング広告のマッチタイプを図で説明
一般的に、マッチタイプを部分一致に設定すると多くのアクセスを集められる可能性が増え、マッチタイプが限定されるほど検索クエリに対する関連性を高めることができます。

どのマッチタイプがいいの?
これは、一概には言えませんが、まずは、4つのマッチタイプすべてを理解して使い分けるよりも、部分一致で試してみるといいと思います。

しかしながら、先述した通り部分一致には、広告の表示機会が増えますが、想定とは異なるターゲットに広告が表示されることが多々あります。このターゲットになり得ないユーザーからの検索をいかにはじくかがキーポイントになります。

このあたりは、あらためてお話ししたいと思います。

今日は以上です。
ありがとうございます!


※1表記の揺れとは…
同じ語句に対して異なる表記が存在する語句。

例えば…
「振り込み」と「振込」
「ダイアモンド」と「ダイヤモンド」
「引越」と「引っ越し」
「ベッド」と「ベット」

※2Googleアドワーズでの設定方法です。Yahoo!プロモーション広告は、キーワード登録時に選択できますが、絞り込み部分一致のみ、Googleアドワーズと同様にキーワードの直前に+を追加します。


Posted in Googleアドワーズ, Yahoo!プロモーション広告, リスティング広告(PPC広告) | Tagged , , | 2 Comments

Googleアドワーズ「検索クエリ」などの専門用語を変更

この記事を読むのに必要な時間:00分58秒

リスティング広告をはじめたものの、どうにもうまく運用できず、気づいたら放置状態… こんな話しをよく耳にします。

理由のひとつとして、管理画面に難解な専門用語がズラリと並んでることがあるのかもしれません。

この難解な専門用語の中でも、運営する上で特に重要な用語のひとつに『検索クエリ』という用語があります。

検索クエリとは…
ユーザーが実際に検索窓に入力した語句やフレーズのことです。

例えば、マキシマムザホルモンってなに??大きいホルモン焼きのこと?Google先生教えて!と、Googleの検索窓に「マキシマムザホルモン」と入力した場合、「マキシマムザホルモン」が検索クエリとなります。


リスティング広告を運営する際に、この「検索クエリ」は避けて通れない用語です。

でも、いきなり検索クエリとか言われても… クエリという言葉になじみがなさすぎてなんとなくのイメージすらわかない方も多いと思います。

そこで、Googleアドワーズは、2013年8月~9月にかけて、複数の広告主から挙がった「専門用語に慣れるのに時間がかかった」という約30の用語を他の用語へ差し替えるという対策を講じました。

これにより、「検索クエリ」は「検索語句」に変わります。

差し替えられたその他の用語
ちなみにその他の用語の変更は以下のようになります。

検索ネットワーク
検索クエリ → 検索語句

ディスプレイネットワーク関連
ターゲット設定方法 → ターゲティング方法
ターゲットと入札単価 → 掲載先の絞り込みと入札単価

リマーケティング関連
タグベース → タグ指定
ルールベース → ルール指定
カスタムの組み合わせ → 組み合わせリスト
ユーザー層 → ユーザーリスト
ターゲット ユーザー → ユーザーリスト

商品リスト広告
プロモーション → プロモーションテキスト

広告関連
広告タイプ → 広告の種類
広告タイトル → 広告見出し
広告テキスト → 広告文
承認ステータス → 承認状況

料金タブ
トランザクション履歴 → 料金の履歴
キャンペーンアクティビティ → ご利用の詳細

アカウントタブ
管理アクセス → 管理者権限
読み取り専用アクセス → 読み取り専用権限
標準アクセス → 標準権限
アクセスレベル → アクセス権

共有ライブラリ
ターゲット予算 → 目標予算

コンバージョン関連
コンバージョンタイプ → コンバージョンの種類
サーチファンネル → 検索ユーザーの行動経路
アシストインプレッションによるコンバージョン → アシストインプレッション後のコンバージョン
アシストクリックによるコンバージョン → アシストクリック後のコンバージョン
検索クエリパス → 検索語句の経路

AdWords Editor関連
キーワードセンター → キーワード候補


今更よくない?変えたのにまだ難しくない?
と思わなくもないですが、これからはじめる方にとっては少しハードルが下がるかもしれませんね。(ほんの少しだけ)

用語の差し替えは、徐々に各管理画面に反映されていくようです。


今日は以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Googleアドワーズ, リスティング広告(PPC広告) | Tagged , | 1 Comment