Tag Archives: SEO

超使いやすいSEO内部分析ツールがGoogleクロームの拡張機能で登場

この記事を読むのに必要な時間:00分35秒

クリスマスイブに便利なGoogleクロームの拡張機能が届きました。

今日ご紹介するのは、フルスピードさんが開発したSEO内部分析ツール「AdMatrix Analytics」。

AdMatrix Analyticsとは?
「AdMatrix Analytics」は、SEOの専門家、フルスピードさんが日々利用している分析ツールを一般化したものです。

この拡張機能を使うことによって、自社サイトはもちろん、ライバルサイトのSEO内部対策や被リンク状況を簡単にチェックすることができます。

AdMatrix Analyticsのインストール方法
AdMatrix Analyticsのインストールはこちらから

「+ 無料」ボタンをクリック。(+無料だったり、+FREEだったりします。)



「AdMatrix Analytics」を追加しますか? → 「追加」をクリック。


ブラウザの右上にこの画像が表示されたら成功です。


AdMatrix Analyticsはこんなことが簡単にチェックできる
使えばわかることですが、ざっと以下のような項目をチェックすることができます。

タイトルタグ、ディスクリプション、メタキーワード、hタグ、外部サイトへのリンク、rel=”nofollow”入りリンク数、被リンク数、表示速度、テキスト量…。




他にもSEOチェックツールはありますが、かなりの後発、且つ、日本の大手SEO企業が開発したツールということで、かなり使いやすい(見やすい)です。

ただ、この拡張機能ですが、案内メールに先着1,000社限定で無料配布となっていたのですが、いきなりインストールできなくなるのでしょうか…?
気になる方は、早目にインストールしておいた方が良さそうですね。


では、今日は以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google Chrome, アドオン, 便利ツール, 内部対策SEO, 初心者向け | Tagged , , , | Leave a comment

Googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認する方法

この記事を読むのに必要な時間:00分37秒

2013年8月9日、Googleはウェブマスターツールにて、”Googleの手動によるペナルティ”が実施されているかどうかを確認できる機能、「手動対策ビューア」を公開しました。すでに日本でもリリースされています。

Googleが不正なSEOをしたWebサイトに与えるペナルティについては前回お話ししました。
Googleが違反したWebサイトに与える2つのペナルティとは? >>

手動対策ビューアの使い方
手動によるペナルティの確認をするために、Googleウェブマスターツールに登録していることが前提となります。
Googleウェブマスターツールとは? >>

ウェブマスターツールにログイン後、左のメニューの「検索トラフィック」→「手動による対策」と進みます。

Googleウェブマスターツールで手動対策ビューアを確認する手順
ほとんどの方が、下の画像ように「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示されていると思います。
つまり、不正なSEOを理由とした、インデックス削除や検索結果への影響はないということです。

Googleウェブマスターツールで手動のペナルティが与えられていない状態の表示

Googleによると、ペナルティを与えられ、手動でインデックス削除されるドメインは全体の2%未満だそうです。

手動によるペナルティが実施されると…
実際にペネナルティを課せられると、このような通知が届くようです。

Googleウェブマスターツールで手動によるペネナルティを課せられた際の通知一例

見たところ、いくつかパターンがありそうですが、結構細かい指摘をしてくれるみたいですね。


前回もお話ししましたが、まっとうなSEOをしている限り、このような警告がくることはないので安心してください。


今日は、以上です。
ありがとうございます!


Posted in Google, SEO, Webの知識, ウェブマスターツール, 便利ツール | Tagged , , , | Leave a comment

Googleが違反したWebサイトに与える2つのペナルティとは?

この記事を読むのに必要な時間:01分10秒

今日は、GoogleがあることをしたWebサイトに対して与えるペナルティについてお話しします。

SEOをはじめたばかりの方は、ペナルティってなに?
Googleってそんな制裁与えてくるの!?怖い怖い! …なんて思うかもしれませんね。笑

どういうことかと言うと、Googleは、品質に関するガイドラインというものを定めていて、このガイドラインに違反し、意図的に検索順位を操作しようとするWebサイトに対し、ペナルティを課すことがあるのです。

検索順位を意図的に操作する行為とは?
不正な行為とは、例えば、自分で大量のサイトを作り、そこからあたかも他人がリンクしたかのように装うような行為などのことです。

↓↓ 他にもいろいろあります。
Googleの品質に関するガイドラインについての詳細 >>

Googleが与えるペナルティ
Googleは、不正なSEOを行っていると判断したサイトに対し、検索結果の順位を大幅に下げたり、最悪なケースだと、インデックスを削除するなどして、Googleの検索結果に表示されないようにします。

ペナルティの種類
Googleが与えるペナルティには、大きく分けて2つの種類があります。

1. 手動によるペナルティ
GoogleのスタッフがWebサイトを巡回して判断するペナルティです。

手動によるペナルティに関しては、基本的にウェブマスターツールに警告メッセージが届きます。
Googleウェブマスターツールとは?警告メッセージを受けたときの対処方法 >>

2. アルゴリズムによるペナルティ
Googleのクローラー(ロボット)が判断するペナルティです。

アルゴリズムによって課せられたペナルティについては、ウェブマスターツールに警告メッセージが届くことはありません。
ですので、自分では気づきにくく、いつまで経っても検索結果に出てこない…、順位が上がらない… など、実は知らずにペナルティを課せられていた… なんてこともあるのです。


しかし、ペナルティと言ってもそんなにセンシティブになる必要はありません。普通にサイトを運営している限り、このようなペナルティを課せられることはありません。

ただし、SEO業者に依頼している場合は要注意。
あなたが知らない間に、不正なSEOを行っている可能性があります。

このようなことがないよう、やはりSEOは、自分の手で行うべきだと思いますが、どうしても手が回らず、SEO業者に依頼しなければならない状況でも、SEOの概要、動向は理解しておきましょう。
Google検索エンジン最適化スターターガイド|これがSEOの正解? >>


今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google, SEO, 初心者向け | Tagged , , | Leave a comment

ターゲットブランクタグとは?target=”_blank”の正しい使い方

この記事を読むのに必要な時間:01分05秒

Webページに貼るリンクには、大きく分けてふたつの種類があります。

ひとつ目は、同じタブ、ウィンドウで開くリンク。
ふたつ目は、別のタブ、ウィンドウで開くリンクです。

みなさんも経験があると思いますが、リンクをクリックしたときに、今見ているページに上書きするような形でリンク先のページが表示されるパターンと、今見ているページとは別に、新しいタブが開いてリンク先のページが表示されるパターンです。

今日は、このふたつのリンクの使い分けについてお話しします。

ふたつのリンクタグ
このふたつのリンクは、タグで表すと以下のようになります。

同じタブ、ウィンドウで開くときのリンクタグ
<a href=”リンク先のURL”>アンカーテキスト</a>
Web上ではこう見える → アンカーテキスト

別のタブ、ウィンドウで開くときのリンクタグ
<a href=”リンク先のURL” target=”_blank”>アンカーテキスト</a>
Web上ではこう見える → アンカーテキスト

※アンカーテキストとは、HTMLの中でリンクが設定された文字のことです。
<a href=”リンク先のURL”>と</a>で囲まれた部分をアンカーテキスト、またはリンクテキストと言います。


つまり、「リンク先を別のタブ、ウィンドウで開く」という指示を出したいときは、リンクタグに『target=”_blank”(ターゲットブランク)』このタグを追記します。

ちなみに上記の通り、Web上では、どちらに指定されているかは判別できません。

ターゲットブランク(target=”_blank”)の正しい使い方
そもそも正しい使い方なんてものはないのでしょうが、ターゲットブランクを入れることによって、離脱が防げる可能性が高まります。

例えば、あなたのWebページに外部サイトへのリンクが貼ってあるとします。
ターゲットブランクが入っていないと、当然、今ユーザーが見ていたページにリンク先のページが表示されます。
そこから、ユーザーはさらに外部のページやサイトをネットサーフィンし、その過程で他のことに興味が移り… 気づけばもともと見ていたあなたのサイトのことは忘れてしまいます。

これは、ネットではよくある話です。

ターゲットブランクを挿入していれば、別のタブやウィンドウにリンク先のページが表示されるので、ユーザーはタブやウィンドウを切り替えるだけで、簡単にあなたのサイトに戻ることができます。

反対に、あなたのWebサイト内のページにリンクをする(内部リンク)場合、ターゲットブランクはつけない方がいいと思います。

でないと、リンクをクリックするたびに新しいタブやウィンドウが開かれ、ユーザーが鬱陶しく感じてしまうかもしれません。

WordPress(ワードプレス)の場合
WordPressでビジュアル欄を使用している場合、リンクの挿入時に「リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」のチェックボックスにチェックを入れると、ターゲットブランクが挿入されます。

WordPressのビジュアル欄を使用しているときのリンクにターゲットブランクを挿入する方法
常にユーザー目線で考える。
離脱を防ぐ方法としてご紹介しましたが、大事なのはユーザー目線で考えることです。
このリンクの場合、ユーザー的には、どちらのパターンの方が良いのだろうか… これを常に考えてください。

一概に、どちらが良いとは言い切れませんが、ひとつの考え方として頭に入れておいてください。


Posted in SEO, Webの知識, Webサイト制作, Webマーケティング全般, WordPress(ワードプレス), 内部対策SEO, 初心者向け | Tagged , , | Leave a comment

Googleの著者情報をWordPress(ワードプレス)で表示させる方法

この記事を読むのに必要な時間:01分02秒

最近、よく見かける著者情報ですが、Web関係以外のジャンルのサイトでは、まだまだ浸透していないようです。


著者情報は、検索結果での占有率が上がり、とにかく目立ちますので是非お試しください。
※ただ、現状は、個人のアカウントしか表示させることができないため、ECサイトなどはもしかしたら逆効果に働く可能性もあるかもしれません。

設定方法は以前にお話ししましたが、WordPress(ワードプレス)での方法が書いてなかったのでご紹介します。

方法はいくつかありますが、その中でも特に簡単なものをご説明します。

▼WordPress(ワードプレス)以外の方や著者情報ってなに?という方はこちらへ
Googleの検索結果画面に著者情報を表示させる方法 >>

プラグイン All In One SEO Packで設定
All In One SEO Packとは、多くのワードプレスユーザーが使っているSEO用プラグインのことで、タイトルタグメタディスクリプションの設定、Googleアナリティクスの設定など、SEOを総合的に管理できます。

まずは、ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)から「プラグイン」→「新規追加」に進み、「All in One SEO Pack」と検索し、インストール、有効化させます。

All in One SEO Packの設定画面に行き、「General Settings」の中の「Google Settings」→「Google Plus Default Profile」欄に著者情報を表示させたいGoogle+のURLを入力します。

All in One SEO Packを利用してWordPress(ワードプレス)でGoogle著者情報を出す手順 その1
All in One SEO Packを利用してWordPress(ワードプレス)でGoogle著者情報を出す手順 その2

ページの上部と下部に置かれている「設定を更新」ボタンを押して保存するのを忘れずに。

Google+側の設定
Google+側の設定については、こちらをご確認ください。
著者情報を表示させる方法 その1 Google+側の設定 >>

設定に誤りがないか確認するツール
設定後、構造化データ テスト ツールを使用して、Googleが著者情報を抽出できるか確認しましょう。

▶構造化データ テスト ツール
▶構造化データ テスト ツールの使い方

これで設定は終了です。

とても簡単ですので、是非お試しを!


今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google, SEO, WordPress(ワードプレス) | Tagged , , | 2 Comments