Tag Archives: WordPress

ファビコンの作成方法|faviconの簡単な作り方

この記事を読むのに必要な時間:01分31秒

ファビコン(favicon)って知ってますか?

ファビコンとは…
Favorite icon(フェイバリット・アイコン)の略で、IEやGoogle Chromeなどのブラウザのアドレスバーに出るアイコンのことです。


みなさんも見たことあると思います。
こういうのです。

ブラウザごとのファビコンの表示
ちなみにこのファビコンは、ブックマークのアイコンにも使われます。

ブックマークでのファビコンの表示

ファビコンのメリット
ファビコンを設定するメリットは単純に目立つから。

最近は、タブブラウザが増えてきました。
ですので、いくつもタブを開いて、あっちのサイトに行ったり、こっちのサイトに戻ってきたりと、複数のタブを行ったり来たりしながらネットサーフィン(最近言わない?)する方が増えていると思います。

たくさんタブを開くので、戻りたいのに戻って来れない方もたくさんいます。
そんなときの目印になるんですね。

ブックマークも一緒です。
ファビコンを設定しておくことで、見つけてもらいやすくなります。

ファビコンの画像はシンプルなものを
まず、設定する画像ですが、ファビコンは16ピクセル✕16ピクセルと、とても小さいので、あまり細かい画像は向いていません。

僕も最初は、似顔絵イラストを設定する予定だったのですが、細かすぎてなんだかよくわからないものになってしまいました。

ファビコンを細かい画像で作成するとこうなります。

ですので、ファビコンには単純な画像を用意してください。
GoogleやYahoo!、Bingを見ると、とてもシンプルです。

Google、Yahoo!、Bingのファビコン
作成サイズは、32ピクセル✕32ピクセルで
ファビコンの表示サイズは、16✕16ですが、IEでショートカットを作成されたときもこのファビコンが適用されるので、(まあショートカットが作成される可能性はあまりないかもですが…)32ピクセル✕32ピクセルで作っておきましょう。

ショートカット時のファビコンの表示
保存形式はicoで
ファビコンは、gifやpngでも表示されるのですが、IE(インターネット・エクスプローラー)ではサポートされていないようで表示されません。

IEのシェア率は、まだまだ相当ありますので、ここは、王道のicoでいきましょう。

png等で画像を用意したら、icoに変換してくれるサイトに行きましょう。

「ファビコン 作成」とかで検索すると、無料で変換してくれるサイトがたくさん出てきますが、僕はこのサイトを使わせてもらいました。
▶http://ao-system.net/favicon/index.php


※クリックで拡大

「ファイルを選択」で画像を選択したら、「favicon.ico作成」、「ダウンロード」これだけです。

favicon.icoをサーバーにアップロード
ダウンロードしたら、サーバーのルートディレクトリ(一番上の階層)にアップロードします。

ブラウザで確認
ここまで完了したら、一度ブラウザで確認してください。
IEでのチェックも忘れずに。

ルートディレクトリにファビコンを設置できない場合
ルートディレクトリに設置できない場合や、ディレクトリごとに違うファビコンを表示させたい場合は、<head>内に以下の記述をすればOKです。

ルートディレクトリに設置したのにも関わらず表示されない場合も、こちらの方法を試してみてください。

<link rel="shortcut icon" href="http://www.example.com/image/favicon.ico" />
※URL(http://www.example.com/image/favicon.ico)は適切なものに変更してください。

WordPress(ワードプレス)でアイコンを出す方法
favicon.icoを使用中テーマのメインディレクトリに設置します。

ちなみに僕は、
「wp-content」→「themes」→「twentyten」内にアップロードしました。

そして、header.phpの<head>内に以下の記述を追加します。
<link rel="shortcut icon" href="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/favicon.ico" />

これでアイコンが表示されると思います。


まあ、そこまで劇的な効果があるとは思いませんが、簡単に設定できるので、お遊び感覚でやってみてもいいかもしれません。

いつもありがとうございます!


Posted in Webサイト制作, WordPress(ワードプレス), その他, 便利ツール | Tagged , , | 4 Comments

Googleの著者情報をWordPress(ワードプレス)で表示させる方法

この記事を読むのに必要な時間:01分02秒

最近、よく見かける著者情報ですが、Web関係以外のジャンルのサイトでは、まだまだ浸透していないようです。


著者情報は、検索結果での占有率が上がり、とにかく目立ちますので是非お試しください。
※ただ、現状は、個人のアカウントしか表示させることができないため、ECサイトなどはもしかしたら逆効果に働く可能性もあるかもしれません。

設定方法は以前にお話ししましたが、WordPress(ワードプレス)での方法が書いてなかったのでご紹介します。

方法はいくつかありますが、その中でも特に簡単なものをご説明します。

▼WordPress(ワードプレス)以外の方や著者情報ってなに?という方はこちらへ
Googleの検索結果画面に著者情報を表示させる方法 >>

プラグイン All In One SEO Packで設定
All In One SEO Packとは、多くのワードプレスユーザーが使っているSEO用プラグインのことで、タイトルタグメタディスクリプションの設定、Googleアナリティクスの設定など、SEOを総合的に管理できます。

まずは、ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)から「プラグイン」→「新規追加」に進み、「All in One SEO Pack」と検索し、インストール、有効化させます。

All in One SEO Packの設定画面に行き、「General Settings」の中の「Google Settings」→「Google Plus Default Profile」欄に著者情報を表示させたいGoogle+のURLを入力します。

All in One SEO Packを利用してWordPress(ワードプレス)でGoogle著者情報を出す手順 その1
All in One SEO Packを利用してWordPress(ワードプレス)でGoogle著者情報を出す手順 その2

ページの上部と下部に置かれている「設定を更新」ボタンを押して保存するのを忘れずに。

Google+側の設定
Google+側の設定については、こちらをご確認ください。
著者情報を表示させる方法 その1 Google+側の設定 >>

設定に誤りがないか確認するツール
設定後、構造化データ テスト ツールを使用して、Googleが著者情報を抽出できるか確認しましょう。

▶構造化データ テスト ツール
▶構造化データ テスト ツールの使い方

これで設定は終了です。

とても簡単ですので、是非お試しを!


今日は、以上です。
いつもありがとうございます!


Posted in Google, SEO, WordPress(ワードプレス) | Tagged , , | 2 Comments