LPO(ランディングページ最適化)とは?

この記事を読むのに必要な時間:01分04秒

LPOやランディングページ、この言葉を聞いたことがありますか?

LPOとは…
Landing Page Optimization(ランディング・ページ・オプティマイゼーション)、ランディングページを最適化することです。


ランディングページってなに?
ランディングとは、「Landing = 着地する」という意味です。

つまり、SEOやリスティング広告、SNSのリンクをクリックした後にお客さまが着地するページ、サイト運営者にとって、お客さまに購入や申込み、資料請求などのアクションをとってもらいたいページのことです。

SEOとなにが違うの?
SEOは、あなたのWebサイトが検索結果の上位に表示されるようにさまざまな対策をすることです。

SEOに対し、LPOとは、あなたの商品やサービスの良さをお客さまにしっかりと伝え、購入などのアクションを起こしてもらえるよう対策すること。

つまり、SEOはアクセス数を増やす対策。
LPOは、ランディングページのコンバージョン率(成約率)を上げる対策
というわけです。

なぜLPOが必要?
今の世の中は、さまざまな商品やサービスで溢れかえっています。

そんな中、いくらあなたの商品やサービスが「素晴らしいもの」でも、その「素晴らしさ」がお客さまに伝わらなければ売れません。

また、SEOを施し、あなたのWebサイトに多くのお客さまが来るようになっても、その「素晴らしさ」が伝わらなければ売れないのです。

あなたの商品の「素晴らしさ」をしっかりとお客さまに伝え、購入などのアクションを起こしてもらうためにLPOが必要なのです。

LPOってなにするの?
SEOに正解がないように、LPOにも、ここをこうすれば必ずコンバージョン率が上がる、という施策があるわけではありません。

しかし、SEOと同じようにお客さまのことをとことん考えるのです。
お客さまの心理を読み取り、適切なタイミングで求めている情報を提示し、お客さまの不安や悩みを解消するのです。

LPOはおもしろいもので、ちょっとした工夫でコンバージョン率が劇的に変わることがあります。
0.5%のコンバージョン率を1%にするだけで… 売上は2倍ですからね。

そのためのポイントをこのブログでどんどんご紹介していきます。

今日のまとめ
LPOとは、あなたの商品やサービスの良さをお客さまに伝え、購入などのアクションを起こしてもらえるよう対策することです。

お客さまは、そう簡単にアクションを起こしてくれません。
だからLPOはとっても大事なんです。


いつもありがとうございます!


This entry was posted in LPO, Webの知識, Webマーケティング全般, 初心者向け and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>