ランディングページ(LP)に必要なペルソナとは?

この記事を読むのに必要な時間:00分50秒

前回のLPO(ランディングページ最適化)とは?では、ランディングページとLPOについてご説明しました。

今日は、このランディングページ(LP)づくりに欠かせないペルソナについてお話しします。

曖昧なターゲットの設定をしても…
Webサイトやランディングページを作る際に、「20代女性に向けたデザインで作ろう」などとターゲットを設定する方は多いと思います。

ターゲットを設定することはとても大事ですが、このターゲティング、ちょっとザックリし過ぎていると思いませんか?
20代女性と言っても、20歳と29歳の女性とでは、趣味や取り巻く環境、考え方など大きく異なります。もっと言えば、同じ年齢の女性でも千差万別です。

このようにターゲットを絞ったつもりでもターゲティングが曖昧だと、結果として、当り障りのない誰にも響かないページになってしまいます。

ペルソナとは?
そこで、重要なのがペルソナの設定です。

ペルソナとは…
あなたの商品やサービスを購入する理想の人物のこと。

このペルソナには、名前や年齢、性別、住所、職業、年収、さらに趣味嗜好から家族構成、価値観、ライフスタイル、身体的な特徴まで、とにかくあらゆる情報を設定します。


LPはペルソナだけに響けば良い
ランディングページは、このペルソナだけに響くページを作るのです。

あなたのランディングページに100人来たとします。
そこで、99人のは響かなくても、たったひとりのペルソナだけに響くページを作れば良いのです。

ペルソナづくりは、一見大変な作業に見えるかもしれませんが、はじめに細かく設定しておくことで、ページづくりで悩んだ際に、「ペルソナならどっちの色が好きかな?」「ペルソナならどっちのキャッチコピーが響くかな?」などとペルソナ目線で考えることができ、作りやすくなります。

反対に、ペルソナを設定しなかったり、曖昧な設定だと、当り障りのないデザインやキャッチコピーにしてしまいがちです。

ランディングページの失敗で一番多いのは、100人来たら100人全員に響くページを作ることなのです。
そして、結果的に100人中100人、誰にも響かないページになってしまうのです。



ですので、ペルソナはとても大事なのです。
是非、お試しください。


今日は以上です。
ありがとうございました!


This entry was posted in LPO, Webマーケティング全般, 初心者向け and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>