QRコードを一瞬で作成できるGoogleクロームの拡張機能(アドオン)

この記事を読むのに必要な時間:00分35秒

今日は、スマホサイトの作成時、実機で確認したいときに便利なGoogleクロームの拡張機能(アドオン)をご紹介します。

QRコードを一瞬で作成してくれるQRTrans
QRコード作成の拡張機能は、いくつかあるのですが、QRTransはとてもシンプルで使いやすいです。

他の拡張機能と違うのは、QRコードを作成した際に、別のタブを開かず、すぐにQRコードを表示してくれる点です。

では、インストールの手順から。

QRTransのインストール方法
QRTransのインストルールはこちらから

「+ 無料」ボタンをクリック。(+無料だったり、+FREEだったりします。)

QRTransのインストール画面

「QRTrans」を追加しますか? → 「追加」をクリック。

QRTransをインストルールする手順 その1
ブラウザの右上にこの画像が表示されたら成功です。

QRTransをインストルールする手順 その2
QRTransの使い方
使い方は、とてもシンプル。

QRコードを作成したいWebサイトを開いて右上のアイコンをクリックするだけ。一瞬でQRコードが表示されます。

先述しましたが、他の拡張機能だと、わざわざ別のタブにQRコードが表示されるので、すぐに確認したいのにちょっとまどろっこしいんですよね。その点、QRTransは一瞬で表示してくれます。

QRTransの使い方
ちなみに、「Free Text」をクリックすると任意のURLやテキストをQRコードに変換することもできます。

QRTransの便利な機能
QRコードを読み取るiPhoneアプリ
QRコードを作成したら、あとは読み取るだけです。

ちなみに僕が使っているiPhoneアプリは「Qrafter」。読み込み後に表示するブラウザを選択できるのがいいです。

スマホサイトの作成時に使ってみてください。


今日は以上です。
ありがとうございました。


This entry was posted in Google Chrome, Webサイト制作, アドオン, 初心者向け and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>